グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学生生活 >  クラブ・サークル >  【特集】強化スポーツクラブ >  藤枝バレーボール部 女子

藤枝バレーボール部 女子


部員

11名(4年5名/3年3名/2年3名)

主な成績

  • 2010年~2017年静岡県大学バレーボールリーグ(8連覇)
  • 2012年~2015年天皇杯・皇后杯静岡県予選優勝
  • 2013年中部日本バレーボール選手権大会5位
  • 2013年東海大学バレーボールリーグ1部5位
  • 2012年西日本大学バレーボール選手権大会ベスト16

バレーボールを通じて地域社会に貢献

※クリックすると拡大して表示します

チームコンセプトは、地元の学生を育てて、地元に還元すること。高校時代に名を馳せた選手はいないが、県内ではトップレベルの成績を収める。無名選手の集まりであっても全国の強豪チームと対等に戦えるという姿を見せ続けている。その中で、楽しむことを忘れず、選手としても人としても成長を遂げ、将来は指導者として後進の育成に携わっていける人材を地域に送り出すことを目指している。

練習で大切にしていることは、飽きさせないこと。常に練習内容を変えて刺激を与え、質と効率を維持する。また、指導者も選手と一緒に戦う姿勢を貫き、キツイ練習は監督自ら先頭に立って指導する。一体感を持って取り組めることが最大の魅力だ。結果がどうであろうと、コンセプトにブレはない。勝敗よりも大切なものがここには詰まっている。強い信念の下、地域に必要とされる人材を育てていく。

監督インタビュー

塚本 博之 監督
(経営学部教授)

塚本 博之 - TSUKAMOTO Hiroyuki
国際バレーボール連盟公認コーチ/日本バレーボール協会公認講師/日本スポーツ協会公認コーチ4

静岡県静岡市出身。静岡県立静岡東高等学校から横浜国立大学へ進学。大学卒業後は、静岡県国体選抜選手として10数年にわたりトップレベルで活躍。その後、全日本マスターズ、ヴィンテージ8's で全国優勝を重ね、現在も現役プレーヤーを続けている。藤枝に静岡産業大学創立時、男女バレーボール部を立ち上げ、男子監督として指導。現在は経営学部教授の傍ら、女子部の監督とアスレジーナSSUの監督を兼任している。
地元の学生を育てて社会に送り出すことが私たちの使命だと思っています。ここには県外出身の選手はほとんどおりません。それが良いとか悪いとかという話ではなく、我々はそういった信念を持って学生を育てています。バレーボールを続けたい地元の高校生が、大学で楽しく活動し、高校時代に戦えなかった全国の強豪たちと真剣勝負ができる。自分次第で大きく変わることができるのがこの4年間です。それを学生たちには実感して欲しいです。

また、バレーボールを通じて得た経験は、社会に出て必ず役立つことだと思います。それを糧に5年後、10年後に幸せだと思える人生を歩んでいって欲しいです。これからもその信念を貫いて、学生たちを育てていきたいと思います。

注目選手インタビュー

柴 風花 - SHIBA Fuka
「できることが増えてプレーの幅が大きく広がった」

柴 風花 さん
経営学部経営学科4年
静岡県立駿河総合高等学校出身

高校時代は、先輩たちの代でインターハイに出場することができましたが、自分たちの代ではそれが叶いませんでした。高校の時に練習試合をしたことがあり、そこで静岡産業大学を知りました。進路を考えている時に声を掛けていただき、もっとバレーボールを頑張りたいと思い、進学を決めました。

大学では自主性が徹底されていて、高校の時とは違った練習ができています。監督の指導の幅も広く、できることが増えてプレーの幅も広がりました。大学の経営学部でも、「マーケティング」「会計」「マネジメント」と色々な先生の話を聞けて、どれも面白いなと感じています。

春季リーグ(東海大学バレーボールリーグ2部)は3位という結果に終わり、1部昇格には届きませんでした。秋季リーグでは1部昇格を果たし、卒業後も実業団でバレーボールを続けていきたいです。

稲垣 麻優 - INAGAKI Mayu
「西日本インカレでベスト8に入ることが目標」

稲垣 麻優 さん
経営学部経営学科4年
静岡県立袋井商業高等学校出身

練習を見学した時に楽しそうだなと感じたことと、自分で考えるという指導方針に惹かれました。自分に足りない部分が学べると思い、静岡産業大学に進学しました。高校時代はやらされる練習で委縮してしまうことが多かったですが、今は、高校時代のチームメイトからも「楽しそうだね」と言われるくらい、とても毎日が充実しています。

将来は、人を助けられる仕事に就きたいと思っているので、大学の講義では、「人間関係論」や「人事管理論」といった人のマネジメントに関する授業はとても興味深かったです。

春季リーグでは1部昇格を果たせなかったので、秋季では1部昇格を果たすこと、西日本インカレでベスト8に入ることを目指しています。そして、県内ではトップを維持したまま、大学生活を終えられるように頑張ります。

※コメントや掲載内容は取材時のものです。