グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  リレーエッセイ >  続・山ぎは白くなりゆく頃にあれこれ書く

 

続・山ぎは白くなりゆく頃にあれこれ書く


学生部長 教授 佐藤和美(管理会計論 経営と会計)

 スプーンは男性、フォークは女性と教わった。ふくよかな曲線美を持ち、なんで
も優しくすくい上げるスプーンがなぜ男性なのか。鋭いとげを持ち、食材に攻撃的な
フォークがどうして女性なのか。

 学生時代、こんなことをつらつら考え始めると、ドイツ語の勉強がちっともはかど
らなかった。ドイツ語の名詞には性があり、それが文法を支配する。性を覚える
のに私の感性と先入観が邪魔をした。ちなみにナイフは中性だ。

 それはさておき、今日のエッセイは全国の若者たちに「先入観が公正な判断を曇ら
せてしまう」話をひとつ。自身の専門は失敬してまたお預けである。

 1957年のアメリカ映画『十二人の怒れる男』をご存知の方も多いであろう。物語
は、スラム街で生まれ育った一八歳の若者が父親殺しの容疑者となることから始
まる。裁判で若者は自分のアリバイを証言するが、一方で彼の犯行を証言する者
もいる。評決を委ねられた十二人の陪審員のうち、当初十一人の陪審員が有罪を主
張。しかし白熱した議論の末に目撃等の証言の信憑性が覆され、ついには無罪の
評決にいたる。

 当初の有罪を導いた原因は、陪審員たちの先入観と思い込みにある。若者がスラ
ム街の育ちであることへの偏見、父親と不仲であったという動機の思い込み、それ
らが先入観となり目撃等の証言に疑問を抱かせなかったことにある。

 私たちは物事を考えるとき、知識や経験をもとにする。ところが、知識や経験と
いうものは時代、地域、文化の中に囚われた固定的な観念を形成しがちであり、そ
れが先入観となる。先入観は判断を速める一方で、本質を見抜く障害となるリスク
も大きい。世の中のもめごとは、この先入観や思い込みの対立で引き起こされる
場合が多い。

 私たちは何かを判断するとき、先入観をぬぐい去った赤ちゃんのように無垢の
目を、あるいは先入観を薄れさせるほどの幅広く豊富な知識をもち多角的な目を、
本当に自分の判断が正しいのかまず疑ってみる姿勢を、判断の基準の柔軟な転
換さえも恐れない勇気を、自分にも無知の面があることを自覚する謙虚さを、さら
に、対象を進んで理解しようとする姿勢を、大切にしなければならない。

(本日のエッセイは、「広報いわた」2009年7月15日号に掲載されたコラムをもとに
書き直したものである)