グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  経営学科と心理経営学科の2学科制

経営学科と心理経営学科の2学科制



経営学科

特色1:企業や社会の課題を解決するゼミナール

3、4年次に開講される「専門ゼミナール」では、企業や行政機関などから課題をもらい、解決策を提案する学びを取り入れています。これまでにも地元企業の新製品のマーケティング企画や、県の公共施設の有効活用策提案、大手企業広報誌の取材・記事作成などをゼミとして受注し、本物の仕事として仕上げました。ビジネスプランを作成し、社会人向けコンテストに応募・受賞したゼミもあります。

専門ゼミナール・多彩な学外活動→本物の仕事を体験する

特色2:社会が求める課題解決能力、コミュニケーション能力を養成

ビジネスの場で必要とされるスキルは多岐に渡りますが、最も重要なのは課題解決能力とコミュニケーション能力です。どちらの能力も実践の中で身に付けていくものです。本学ではビジネスの体験や社会人と接する機会を多く設けることで、これらの能力を養成しています。

ビジネス体験+多世代とのコミュニケーション→対人力を身に付ける

特色3:「ナマの仕事」から学ぶ実務能力

企業や社会の即戦力になる。これが経営学科のミッションです。そのため教科書には書かれていない「ナマの仕事」を教材にしたアクティブラーニングやPBL(課題解決型授業)を多用した教育を実施しています。また県内主要企業や地方自治体による授業も多数開講されており、企業内研修と同じ内容を教室で受講することができます。

実学教育(アクティブラーニング+PBL課題解決型授業)→社会の即戦力になれる

科目ピックアップ

【企業ファイナンス】
実務に即して現代のファイナンスを学ぶ
現代の企業経営に欠かせない企業ファイナンスを学びます。企業財務の最高責任者CFO(Chief Financial Officer)に就いたと仮定し、経理だけでなく、設備投資や海外進出、M&Aなどさまざまな実務をテーマに、CFOとしていかに企業価値を高めていくかをシミュレーションの中で学びます。

【スポーツ産業論】
スポーツ産業の全体像を理解し、スポーツ市場でのお金の動きの理解を深める
スポーツ産業とは、スポーツと関わる全ての産業を示す言葉であり、とても広い意味を持っています。例えば、スポーツ用品などのモノから、スポーツイベントやスポーツツーリズムなどの目に見えないサービスまで、さまざまな産業が挙げられます。授業では、スポーツと色々な産業が組み合わさったところに着目して、業界別や領域別に学んでいきます。

経営学部 経営学科3年
静岡県立藤枝西高等学校出身
熊王 利奈さん

社会で求められる思考力を磨き、経営手法を学ぶ。

経営学部では、時代の移り変わりとともに日々変化していく経営について学ぶことができます。経営管理に関する授業では、組織をまとめるために必要なスキルや知識の基本を勉強します。また、企業の歴史をひも解き今後の可能性を探ることで、これから社会で生きていくために必要なものは何かを考えるなど、興味深い授業がたくさんあります。「地域に貢献したい」「地元企業に就職したい」といった同じ目標を持つ仲間と、充実した毎日を過ごしています。

心理経営学科

組織における人間の行動や意思決定を人的資源管理や心理学から学ぶ「ビジネス心理」、人間形成の初歩である子どもの行動変容を心理学や保育学の視点から学ぶ「子ども情操心理」の2つのフィールドで、ビジネス現場や保育現場で問題解決できる力を養います。

特色1:「人間の強さと弱さ」からビジネスを考える

経営学と心理学の両方を学び、ビジネスに活用できるスキルを身に付けます。企業内においては人事管理や組織マネジメントの知識で、職場の人間関係や能力開発、モチベーションなどをサポートできます。また、人の行動原理や消費者心理を理解し、商品開発や広告・販売戦略、ビジネス交渉術などに活かせます。近年注目されている行動経済学の視点も加味し、「人間の強さと弱さ」からビジネスを考えると、新しい世界が見えてきます。

経営学・心理学・行動経済学視点→ビジネスに活用できるスキルに

特色2:社会と人間の調和を図る「心理カウンセリング」

心理学の役割の一つに「社会と人間の橋渡し」があります。さまざまなルールや厳しい競争のある社会において、生身の人間はしばしば傷つきます。それを解きほぐし修復する「心理カウンセラー」を目指すための学びも可能です。

社会学・心理学・カウンセリング→生身の人間を支える心理カウンセラーに

特色3:多面的に支援できる保育者を養成

保育の視点から「子ども」と「家庭」に着目し、子ども家庭への支援、保護者への相談援助に関する福祉や心理学の知識と技術が身に付きます。また子どもの身体、心、脳の働きを高める「運動遊び」に着目し、健やかな成長を多面的に支援できる保育者を養成します。地域の子どもたちを対象にした「キッズスクール」を開校し、学生が運営から指導まで担当しています。学生にとっては貴重な実践の場となっています。
※保育士資格のほか「社会福祉主事任用資格」の取得が可能です。

経営学・保育学・心理学・運動遊び→健やかな成長を多面的に支援できる保育者に

科目ピックアップ

【心理評価論】
商品開発につながる統計処理技術を習得
商品開発を進める際、重要な心理的要素が感性や官能です。これらはいくつかの心理評価の関係性で構築されており、その分析には基礎統計の技術が不可欠です。「心理評価論」では統計の基礎となる理論を学び、表計算ソフトを用いて各種データを統計計算する実習を繰り返しながら各種統計法について理解していきます。

【保育実習指導】
実習の意義や目的を学び、“ 心”と“ 技”を身に付ける
保育士として専門性を身に付け、高めていくには、実習の意義や目的を理論的に理解することが大切です。「保育実習指導」では、そのための学びを展開しており、保育所や児童福祉施設などが抱える特性・課題に触れ、保育の専門職としての心構えや技術を学びます。実習時に行う保育計画などの演習も充実しています。

経営学部 心理経営学科3年
静岡県・藤枝明誠高等学校出身
臼井 マリアさん

心理面から検証する、ヒット商品を生み出す手法。

必要に応じて他学科の授業も取ることができ、幅広い学びができます。私は、1日平均2科目の授業を受ければ卒業に必要な単位を修得できる計画を立てているので、空いている時間を資格試験や学外活動にあてています。私が特に興味を持っているのは、「心理評価論」の授業。商品開発に重要な消費者の心理を、実験、調査、観察データを基にした統計的な検定で数値化して応用するというこれまで考えたこともなかった知識に触れ、自分の世界が広がっていることを実感しています。

カリキュラム

※内容は予定であり、変更する場合があります。(2022年4月現在)