グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【磐田キャンパス】社会人講話(若手社員編)「社会を知る」~聴く姿勢と質問力を鍛えよう~

 

【磐田キャンパス】社会人講話(若手社員編)「社会を知る」~聴く姿勢と質問力を鍛えよう~


2019年10月23日(水)、2301大講義室において1年生必修科目である「キャリアデザイン入門」という授業の中で、若手社員の本学OB・OG3名によるパネルディスカッションを開催しました。



 この授業は必修科目であり、1年生全員が3・4限に分かれて受講をしました。最初にパネリスト3名が自己紹介・自社の企業紹介をしました。そして、パネルディスカッションではファシリテーターが以下の質問をそれぞれしました。

① 企業との出会いは?入社の決め手は?

② 仕事のやりがいは?

③ 仕事で苦労したことは?

④ インターンシップの詳細については?

⑤ 大学の学びで役に立ったことは?

⑥ 大学外の経験は?

⑦ 就活で工夫したことは?



 1年生ということもあり、聴く姿勢や質問力、質問の仕方等も授業内で学びました。

最後に先輩方から後輩へメッセージをいただたきました。

・今日聞いた話をぜひ今後の学生生活に活かしながら頑張ってください。

・やりたいことを見つければ頑張れます。社会人になってからでは自分が困ると思います。自分で考えて今後のスケジュールを立てて就職活動にのぞんでください。

・どれだけ早く取り組めるかが勝負です。ちょっとずつ意識しながら、部活動等今行っていることを頑張りながら、将来のことを考えていきましょう。



この授業が自分のキャリア・将来を考える、さらには行動に移すきっかけになることを期待しています。

 今回のパネルディスカッションにご協力いただきました各社、参加していただいたOB・OGには、この場を借りてお礼を申し上げます。

 次回は10月30日(水)同講義室において、OB・OGであり入社10年以上の中堅社員によるパネルディスカッションを開催します。是非、ご期待下さい。