グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】中堅先輩講話・パネルディスカッションを行いました。

 

【情報学部】中堅先輩講話・パネルディスカッションを行いました。


情報学部では12月15日(金)、先週に引き続き1年生を対象として本学OBOGをお招きし、パネルディスカッションを行いました。

今回は、社会、団体の中心となり、活躍をされている3名の先輩に今までの社会人経験や充実した働き方をするために心掛けていること等をお話していただきました。

・入社前に思い描いていた目標は達成できましたか。
・辛くて辞めたいと思ったことはどんな時ですか。そしてどんな風に乗り越えましたか。
・20代と30代で変化した価値観はありますか。
・働き方改革が始まり変化を感じることはありますか。
・仕事のスキル向上のためにしていることはありますか。
 等、在学生からは具体的な質問が多く、先輩方も真剣に回答をしてくださいました。

OBOGからは
・今の学生時代にしていることに無駄なことはありません。勉強も遊びも全力で行うことで結果は後からついてくるものです。
・身内以外の大人との出会いは大切です。狭い範囲の人間関係から一歩踏み出してみよう。
・20代の頃はお金のために働いていたが、30代になり世の中のため、人のためになることにやりがいを感じている。そして次にお金がついてきます。
・家族を持つことで時間の使い方を重視するようになった。

と母校に愛情を持ち、接してくださる先輩方の言葉一つ一つに重みがあり、学生に響くアドバイスを沢山いただきました。
OBOGの皆様、大変ありがとうございました。