グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【経営学部】海外研究(ビジネス)を台湾にて実施

 

【経営学部】海外研究(ビジネス)を台湾にて実施


 9月11日(火)から14日(金)までの期間で、海外研究(ビジネス)を、​台北を中心に​台湾にて実施しました。今年度の授業としては、経営学部​の1年生から4年生までの​21名が履修し、その内5人は留学生でした。台湾の先端的なICT開発と、リノベーションされた歴史ある建造物などの商業施設を見学する目的として取り組まれました。

 台北のサイエンスパークでは、台湾がアジア地域の中で、産業的に重要な位置を占めていること、国としての教育に多大な費用をかけ取り組んでいることに、学生達は感銘を受けていました。この施設では、ハリウッド映画にも登場するような、画面操作できる大型の液晶モニターを体験し、大学設備と教育の関係も知ることができました。こうしたICT機器を販売している光華商場を見学し、日本の秋葉原のような風景を目の当たりにして、学生達も活動的に研究を進めていました。

 また、モダニズム建築のリノベーションによる和モダンな商品開発と販売が展開されている西門紅楼を見学し、現地の若者が和モダンの意見に賛同し、和の商品を買い求める姿に驚いていました。

​ 台北の大型商業施設までの道程では、台湾の新幹線に乗車し、日本の技術力とその展開を知り、現地では、ブランドにおける実際の価格設定やサービスの方法での違いを実体験できるものでした。

 台北独特の夜市では、食文化にも触れながら、日本と台湾の違いを肌で感じ、有意義な授業となりました。

 アクティブ・ラーニングとして、今後も海外における授業に取り組みます。