グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  静岡産業大学からスポーツ科学を発信

 

静岡産業大学からスポーツ科学を発信


『第1回SSUスポーツ・健康科学セミナー』を磐田キャンパスにて開催しました

スポーツや健康に関する研究拠点である静岡産業大学スポーツ教育研究所は、2017年12月3日(日)、静岡産業大学磐田キャンパス第2スポーツセンターにて、研究所研究員による研究成果を部活動などのスポーツ指導や体育の授業等に活かすための公開セミナーである第1回のSSUスポーツ・健康科学セミナーを開催しました。

磐田から『SSUスポーツ科学』を発信

本学の鷲崎早雄学長、小澤治夫副学長からは、磐田から『SSUスポーツ科学』という文化を世界へ発信すると力強い宣言がありました。オープニングレクチャーでは、小林寛道スポーツ教育研究所所長が、プラトンから近代までのスポーツ科学の歴史から2019年4月設置予定構想中であるスポーツ人間科学部の方向性を示されました。

開講式:鷲崎早雄学長

オープニングレクチャー:小林寛道所長

『スポーツは科学だ』観て、感じて、考える

第1回セミナーの主テーマである「スポーツを科学する」について、本学の小澤治夫教授から、スポーツをどのような手法で計測し、科学的に観て、感じ、考え、活用するかについて実際のスポーツ現場や教育現場での事例を用いた講演のあとに、本学の館俊樹准教授から「GPSを用いた位置情報のスポーツ科学」というテーマで、GPSだけでなく、他の計測機器についてデモンストレーションがなされました。

「スポーツは科学だ!」小澤治夫教授

スポーツ科学研究室を紹介する館俊樹准教授

科学的手法を活用したスポーツ活動と体育授業

科学的手法を活用した実践例として、元Jリーグフィジカルコーチである東海大学中西健一郎准教授から「Jリーグで実践される科学的トレーニングとサポート」と題して、講義だけでなく、実際に行っているトレーニングなどを参加者の皆様に体験していただきました。筑波大学附属駒場中高校の徐広孝教諭からは、「体育授業で活用される科学的方法の実際」について、教育現場で実施可能な方法や事例について、ご紹介を頂きました。

東海大学 中西健一郎准教授による科学的トレーニングの実技指導①

東海大学 中西健一郎准教授による科学的トレーニングの実技指導②

科学的サポートの講義:中西健一郎准教授

筑波大学附属駒場中高校の徐広孝教諭による科学的体育授業法

当日は、高校教諭、サッカー関連指導者、大学・研究機関、スポーツ関連企業の方、学生など80 名の方にご参加頂きました。アンケートからも『体育授業への展開方法へのヒントになった。』『科学という難しそうなテーマをわかりやすく解説してもらえた。』『実技があったことで、活用方法がより具体的であった。』と好評を得られたセミナーとなりました。

『第1回SSUスポーツ・健康科学セミナー』開催プログラム

開催日:2017年 12 月 3 日(日)
会場:静岡産業大学磐田キャンパス第2スポーツセンター

開講式:鷲崎 早雄 (静岡産業大学学長)

小林 寛道(静岡産業大学スポーツ教育研究所所長)「オープニングレクチャー」
小澤 治夫(静岡産業大学経営学部教授)「スポーツを科学する」
館  俊樹(静岡産業大学経営学部准教授)「GPSを用いた位置情報のスポーツ科学」
中西健一郎(東海大学准教授・元Jリーグフィジカルコーチ)「Jリーグで実践される科学的トレーニング:実技」
中西健一郎(東海大学准教授・元Jリーグフィジカルコーチ)「Jリーグで実践される科学的サポートの実際:講義」
徐  広孝(筑波大学附属駒場中高校教諭)「体育授業で活用される科学的方法の実際」 

閉講式:小澤 治夫(静岡産業大学副学長・経営学部教授)