グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【経営学部】男子サッカー部・女子サッカー部:全国大会壮行会

 

【経営学部】男子サッカー部・女子サッカー部:全国大会壮行会


本学サッカ-部、男女ともにインカレ出場へ:壮行会で必勝誓う監督/選手たち

 今年度の大學サッカ-日本一を決める全日本選手権(インカレ)大会が今月中旬から開催され、本学から男女ともに出場する選手たちを激励する壮行会が、教育奨励賞の授与式を兼ねて11日(月)昼過ぎ、経営学部の磐田キャンパスで挙行された。
 全国に轟く輝かしい伝統と実績を誇るサッカー部(三浦哲治GM)は1994年の創部以来、男子チ-ムが通算12回目、2年連続の出場を果たした。2007年に夏の総理大臣杯で準優勝したものの、冬のインカレではこれまで実力がありながら惜しくも全国ベスト4にとどまっており、挨拶に立った総監督の成嶋徹氏は「今年こそは、冬のインカレでファイナリストになれるよう、全国制覇の悲願を成就させる年にしたい」と抱負を述べた。主将の諏訪部徹君(経営学部3年、川崎フロンタ-レU-18、川崎高校出身)も「東海地区で2連覇した勢いに乗って、東海代表として皆さんに胸を張れる実績を残したい」と必勝を誓った。
 他方、女子は東海第一代表として今年で10年連続出場という男子に劣らない戦績を誇る名門チ-ム。だが、インカレでは毎年ベスト8の厚い壁を前に苦しんでおり、チ-ムを率いる村松大介監督は「今年は現役とOGの力を総結集してなでしこ2部昇格の悲願を叶えられた年なので、インカレでも今度こそ壁を突破したい」と決意。主将の口木ひかるさん(4年)も「みんなの励ましに感謝の気持ちを胸に熱い期待にこたえたい」と、初戦へ向けて闘志を新たにした。
 男子のインカレは今年66回目を迎え、関東をはじめ各地区大会を勝ち抜いた強豪24校が出場、本学の初戦は、13日(水)午前11時から、栃木県足利市総合運動場で、東北地区第2代表の富士大学と対戦する。
 女子は今年26回目を迎え、全国の精鋭24校が出場、本学は27日(月)午前11時から、兵庫県みきぼうパ-クひょうご第2球技場で、2回戦から登場、環太平洋大学短期大学部(四国第2代表、愛媛県)と武庫川女子大学(関西第4代表、兵庫県)の勝者と対戦する。男女とも本学の誇りと栄誉を賭けて闘います。日頃の練習で培った実力を遺憾なく発揮できるよう、みんなで熱い応援・声援を届けよう!