グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  社会人大学講座 開催されました

 

社会人大学講座 開催されました


『ロボットの活用について考える』
  静岡産業大学・静岡理工科大学連携講座

 静岡産業大学と静岡理工科大学の連携社会人大学講座『ロボットの活用について考える』を令和2年10月27日(火)と11月9日(月)にBiViキャンにおいて開講しました。
 この講座は、藤枝市の支援により、藤枝市と連携協定を締結した2大学が共同して開催しました。内容は2大学の専門分野を活かし、ロボットの技術や仕組みを学ぶとともに、社会での活用を考える講座で、テーマ、講師は以下のとおりです。
【講座概要】
第1回(2講座) 10月27日(火)
 講座① 「生活の場にロボットが進出するためには」 静岡理工科大学 教授 鹿内 佳人
 講座② 「ロボットと人工知能」静岡産業大学 教授 佐野 典秀
第2回(2講座) 11月9日(月)
 講座① 「ロボット用モータの種類および制御技術」 静岡理工科大学 准教授 服部 知美
 講座② 「ロボットの安全と認証」静岡理工科大学 准教授 飛田 和輝

10月27日 講座1 担当講師
静岡理工科大学 理工学部
講師 鹿内 佳人

10月27日 講座2 担当講師
静岡産業大学 情報学部
教授 佐野 典秀

11月 9日 講座1 担当講師
静岡理工科大学 理工学部
准教授 服部 知美

11月 9日 講座2 担当講師
静岡理工科大学 理工学部
准教授 飛田 和輝

 当日は、藤枝市内外から、多くの市民やロボットに係る企業関係者が参加し、講義とともに活発な意見交換を行う有意義な講座となりました。
 この社会人大学講座では、単に講義を聴講するだけでなく、希望者には課題を課し、作成したレポートを評価し、修了証を授与する内容となっており、参加者も熱心に取り組んでいました。