グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  第10回ラーニングメソッド研究会を開催しました。

 

第10回ラーニングメソッド研究会を開催しました。


 本学は令和3年1月27日(水)、磐田キャンパス主催のオンライン開催において、「第10回ラーニングメソッド研究会」を開催しました。
 この研究会では、本学の教育活動をより良くするため、専任教員が一堂に会して、研究発表や意見交換などを行います。
 今回は「【遠隔授業の質向上】」をテーマにし、前半では、遠隔授業のツールや技術面の最新の動向や遠隔授業の学習効果に関する研究の動向について講演を行いました。後半では、本学の遠隔授業の取り組み全体の成果・課題について、授業での遠隔授業の取り組みについて(語学系)(スポーツ系)の発表を行いました。
・遠隔授業のツールや技術面の最新の動向
  講師  徐 広孝
・遠隔授業の学習効果に関する研究の動向
  講師  久保田 貴之
・本学の遠隔授業の取り組み全体の成果・課題について
  教授  佐野 典秀
・授業での遠隔授業の取り組みについて(語学系)
  教授  小谷内 郁宏
・授業での遠隔授業の取り組みについて(スポーツ系)
  教授  髙橋 和子
発表終了後、ベストティーチャー賞の授賞式も行われ、以下の2名が受賞しました。
◇磐田キャンパス  教授 牧野 好洋 (下記画像 右側)
◇藤枝キャンパス  教授 小泉 祐一郎 (下記画像 左側)