グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  TOPICS >  【缶詰自販機販売事業】熊王ゼミの学生が缶詰に合うメニューを考案・発表しました

【缶詰自販機販売事業】熊王ゼミの学生が缶詰に合うメニューを考案・発表しました


熊王ゼミの学生たち

缶詰にあうレシピ

第2回研究会(2022年9月8日@静岡缶詰協会)

メニューとポップデザイン発表の様子

缶詰自動販売機の設置から約1カ月が経過し、以下1~3について協議する第2回研究会が、各社参集のもと静岡缶詰協会で開催されました。
  1. 販売状況・分析
  2. イベント企画
  3. その他施策
※共同研究者
清水河岸の市協同組合、静岡缶詰協会、富士電機㈱

熊王ゼミの学生たちは、熊王教授の指導のもと、この日のために缶詰に合うレシピを考えて試作を重ねてきました。
「缶詰をもっと売るためには?」「ワクワク感を皆さんに届けたい!」この想いを胸に、共同研究者の皆様の前で、メニューとポップデザインを発表しました。

【学生発表のポイント】
  • レシピには、トマト、オリーブオイル、パセリなど、できるだけ身近な食材や調味料を使う
  • 自販機横にメニューを設置して、そこにしかない価値やリピート効果に期待する
  • ポップやポスターには「悪魔的」のような強いキャッチフレーズを用いてお客様を惹きつける

今後学生たちは、現地にて街頭アンケートを実施し、来場目的、購入商品、満足度、リピート意思などを調査し、商品の入れ替えやディスプレイの工夫について検討して参ります。
関係者の皆様、引き続き、よろしくお願いいたします。