グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【磐田キャンパス】大学生版「キッザニア」(まちづくり論Ⅱ)

 

【磐田キャンパス】大学生版「キッザニア」(まちづくり論Ⅱ)


 6月13日(木)、まちづくり論Ⅱ(竹森公彦特任教授)では、磐田市立総合病院を訪問しました。
 経営企画室の内山 恵典様から、病院を取り巻く環境として、磐田市立総合病院の現状はもとより、国民皆保険制度や社会保障給付費の状況、都道府県の医師数や病床数の差異、静岡県全体の必要病床数(高度急性期から慢性期まで)、今後は医療需要のピークを乗り越えるための地域包括ケアシステムの構築が不可欠であること等を学びました。医療機関にも「急性期」、「回復期」、「長期療養」などの機能分化が求められており、磐田市の疾患別入院患者予測や医業収支の推移などの事例を交えて、医療を取り巻く諸事情を考えるよい機会となりました。