グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【藤枝キャンパス】卒業生講話「若手中堅社員の視点から学ぶ」を行いました。

 

【藤枝キャンパス】卒業生講話「若手中堅社員の視点から学ぶ」を行いました。


7月1日(月)藤枝キャンパスでは2年生を対象に、企業組織の若手・中堅として社会で活躍している3名の卒業生をお招きし、卒業生講話を行いました。

 前半はファシリテーターを務める講師が代表して、次のような質問をもとに、卒業生の皆さまからお話を伺いました。

・現在の勤務先との出会い、入社を決断した理由。
・職場でのコミュニケーションで、気をつけていること、心掛けていること。
・学生時代に打ち込んでいたこと。

 これらの質問に対し、卒業生の皆さまから次のようなご意見、ご回答をいただきました。

・勤め先は幼い頃からの憧れや大学の先輩が就職したことで、身近に感じたため志望しました。
一度は落ちてしまいましたが、必死に勉強し、再挑戦をして内定を得ました。
・職場の上司、先輩、同僚には自ら挨拶、声掛けをするようにしています。
また、後輩には「自分が同じ立場なら、どう考えるだろう」と様子見をしながら接するようにしています。
・学生時代、部活動を途中で辞めてしまい、今となっては後悔しています。
学友会活動に励む同級生の充実した様子を見て、うらやましく思っていました。


 後半はグループに分かれ、卒業生のお話を聞いて感じたことや、考えたことを共有し、更に踏み込んで聞いてみたいことを話し合いました。
代表学生の質問に卒業生の皆さまからは次のようなエピソードを紹介していだだきました。

Q1.就職活動や採用試験の思い出、印象に残った出来事を教えてください。
 ・就職活動中には印象深い出来事が多くありました。皆さんも威圧的な面接や突飛な質問を受けることもあると思いますが、真っ直ぐな気持ち、誠実な態度で臨めば道は拓けると思います。

Q2.仕事を辞めたいと思ったことはありますか。
また、そんな気持ちになった時の対処法を教えてください。
・仕事を辞めたいと思ったことは何度かあります。そんな時は、同期とお互いの状況や悩みを打ち明け、励まし合うことで乗り越えてきました。

Q3.社会人になって「得られたこと」を教えてください。
・社会人になって得たこと、得た力はたくさんありますが、中でも一番は人間として成長できたという点です。こうした成長は、色々なことに疑問を抱いてみることや、考えることによって養われたと感じています。

 最後に卒業生の皆さんから学生生活へのアドバイスと励ましをいただきました。

・挑戦した分だけ、将来は充実したものになります。色々なことに挑戦してください。
・経験したことは、意外な形で仕事や生活で役に立つと感じています。知らないことを恐れず、どんなことにでも関心を持ってください。
・楽な方に流れることは簡単ですが、一つでも良いので何かに取組んでみてください。きっと自分に自信が持てるようになると思います。

 2年生にとって身近に感じられる年齢の近い先輩方から学生生活を充実し得る貴重なアドバイスを伺える機会となりました。
 お忙しい中、ご協力いただきました3名の卒業生の皆さま、ありがとうございました。