グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【BiViキャン】公開講座第19回「『和食文化』を知り、『お茶の魅力』を発信しよう」を開催しました

 

【BiViキャン】公開講座第19回「『和食文化』を知り、『お茶の魅力』を発信しよう」を開催しました


 2月9日(土) 【BiViキャン】公開講座第19回『「和食文化」を知り「お茶の魅力」を発信しよう』、講師に静岡県ふじのくに茶の都ミュージアム館長(元 静岡文化芸術大学学長) 熊倉 功夫氏を迎え開催しました。
 「和食という食文化」は、世界無形文化遺産に登録された日本の誇りです。和食の何が認められ、和食人気の理由はどこにあるのでしょうか?ふじのくに茶の都ミュージアム初代館長で、世界遺産登録に中心となって尽力された熊倉先生から、分かり易く講話いただきました。当日は、市民の方を中心に43名が参加され、熊倉先生のお話に魅了されました。

講師 静岡県ふじのくに茶の都ミュージアム
館長 熊倉 功夫氏

豊富な資料

明快な語り

わかりやすい画像資料

時間を感じさせない
楽しい講義でした

 以下は講演要旨です
・和食は、地域の新鮮で多彩な食材を大切にし、四季折々の
 自然の恵みに対する感謝の心とこれを大切にする精神に
 支えられており、地域や家族を繋ぐ生活文化である。
・和食は、米飯を主食とし、多様な汁・菜・漬物による
 献立を基本とする日本の食習慣であり、その原点は
 家庭料理にある。
・和食の膳は一汁三菜が基本で、二の膳・三の膳・
 懐石膳がつく本膳料理など、豪華さを増す形態が
 あった。現在は、懐石料理にその流れが見られる。
 参加者からは次の言葉が寄せられました
・熊倉先生のお話は分かり易く内容の濃い講座で、
 興味深く拝聴させていただきました。
・会場良し、講師良し、講座内容良しで、大変気持ち良く
 聴くことが出来ました。
・近年、生活から次第に消えつつある和食文化を大切に
 したいと思いました。
        ☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯☯

 次回公開講座
2月23日(土) 10:30~12:00
「AIとドローンが変える未来」
講師 静岡産業大学情報学部 教授 佐野 典秀
参加料 1,000円 申込受付中ホームページ申込フォームここからどうぞ

佐野 典秀 教授