グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【総合研究所】「第9回 産業振興フェアin いわた」に今年も参加しました

 

【総合研究所】「第9回 産業振興フェアin いわた」に今年も参加しました


 2019年11月8日(金),9日(土)の両日,磐田市のアミューズ豊田にて,「第9回 産業振興フェアin いわた」が開催され,本学もブース出展等の参加をしました。
 今年のフェアにも,県内外から多くの企業・団体が参加し、晴天にも恵まれ、多くの来場者が集まりました。11月8日のゲストには、静岡県副知事難波喬司氏他を迎えて開会式を皮切りに,2日間にわたり,各ブースでのさまざまな意見交換,情報交換が行われました。

 本学は、屋内と屋外にブースを出展し、スポーツと健康をテーマに広く一般の方向けの展示や体験コーナーを設け、本学ブースを訪れた方々は興味深そうに展示を眺めたり、本学のスタッフに質問をしたりしていました。また、同時に開設したロコモシンドローム診断のコーナーでは、多くの方々が2足歩行の距離や、片足で何センチの高さの椅子から立ち上がれるか等の測定にチャレンジし、測定結果からスタッフにアドバイスを受け、自分の身体を見つめ直す機会とされていました。

 さらに、9日に「スポーツを科学する」というテーマで開催された本学のシンポジウムでは、小澤副学長、館准教授、江間講師、中井講師がパネリストとなり、それぞれの立場でスポーツを科学的な切り口から捉えた発表を行い、会場に集まった方々は熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 静岡産業大学の認知度向上を図り,そのことが本学学生の卒業進路の多様化をもたらし,その卒業生達が社会的評価を得られるという好循環を創出し続けるためにも,本学は今後もこうした活動を進めていきます。
 最後に,お手伝いを戴き,本学の認知度向上に大きく寄与してくれた磐田キャンパスの学生諸君に深く感謝いたします。

本学の屋内展示ブース

ロコモ診断の様子

本学の屋外展示ブース

本学主催のシンポジウム