グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  重要なお知らせ >  新型コロナウイルス感染症についての学長メッセージ

 

新型コロナウイルス感染症についての学長メッセージ


2020年3月30日
学長 鷲崎早雄

 静岡産業大学の教職員・学生の皆さん

 新型コロナウイルスの感染拡大は、大都市部を中心に深刻な状態になりつつあります。静岡県は比較的平穏な状態にありますが、大都市圏に挟まれていますので、いつ伝搬してきてもおかしくない状況です。皆さんも今後の成り行きについて大変心配されていることと思います。
 本学では大学運営会議を拡大したコロナウイルス対策会議を3月12日、3月27日に開催し、卒業式・入学式の中止、現役生へのガイダンスの簡素化、新入生オリエンテーションの簡素化、消毒液やマスクの予備の購入、教職員・学生への対応マニュアルの作成等の具体的な指示を行い、対策を講じてきました。
 これから4月の新学期に向けて、皆さんが安心して学び、研究し、業務遂行できるキャンパスを守るため、以下のような対策を定め、推進することとします。詳細は、検討を終えたものから順次お知らせしていきます。

  1. 入学式は中止し、式辞はオリエンテーション時に分散してビデオ配信する。
  2. オリエンテーションは予定通り4月6日・7日で、3密を避けた環境で時間短縮して行う。
  3. 4月からの新学期授業開始は2週間繰り下げて4月24日からとする。
  4. 授業実施にあたっては別途作成される「授業実施に係るガイドライン」に沿って行う。
  5. 部活動、施設利用にあたっては別途作成される「施設利用について」に沿って行う。
  6. 留学生への対応にあたっては、国際課が主管して個別把握、個別対応を行う。
  7. 学生、教職員はコロナウイルス感染防止への自己管理を徹底する。
  8. 不要不急の外出を避け、特に大都市圏(東京、大阪、名古屋)と北海道へ行くことを当面自粛する。
  9. 収束が長期化することを想定して(できるだけ早期に)対面での講義、対面での会議を減少し、オンライン化を奨励し推進していく。
  10. 新学期授業開始時に、オンライン授業・Web会議のポータルサイトを立ち上げ、教員・学生に対してガイダンスを行う。「走りながら考える、習うより慣れろ」の精神で進む。

以上