グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】SPI対策・Webテスト講座を行いました。

 

【情報学部】SPI対策・Webテスト講座を行いました。


情報学部では平成29年12月1日(金)4限・5限に、SPI対策・Webテスト講座を行いました。

就職試験の1つである筆記試験に対する対策を就職活動前の今から準備しようと3年生対象に行いました。
筆記試験は大きく分けて一般常識・時事問題と適性検査の2種類があり、94.9%の企業が実施しています。企業が採用基準で重視する項目は高い順に①人柄・②熱意・③可能性・④性格試験の結果・⑤基礎学力・⑥能力検査であり、4割の企業が適性検査の結果も重視しています。

SPIは能力検査と性格検査で構成され、テストセンター方式・WEBテスティング方式・インハウスCBT方式・ペーパーテスティング方式の4種類とバリエーションがあり、現在は6割以上の企業がテストセンター方式を利用しているそうです。

専門知識や特別な公式は必要とせず、中学校レベルの知識・四則演算知識のみで解ける問題で構成されています。能力面では正しく理解する力・正確に処理する力・情報を読み取る力・論理的に考える力を、性格面では性格特徴・職務適応性・組織適応性・人物イメージ・チェックポイントを測定しています。

問題形式・受検形式に慣れるため、当日は実際にSPI・Webテストを受検しました。事前に準備することとして、市販の問題集を購入し、出題パターンに慣れることや繰り返し行う事が大切です。今から本番でのSPI試験に向けてしっかり準備しておきましょう。