グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【総合研究所】「経営力アップ道場2018」を開催しました

 

【総合研究所】「経営力アップ道場2018」を開催しました


 11月30日(金)、本学総合研究所と藤枝商工会議所様との連携事業で、開講5年目となる「経営力アップ道場2018」を、藤枝Biviキャンにて開催しました。講師には、今年5月放映のテレビ東京の「カンブリア宮殿」に取り上げられた株式会社一澤信三郎帆布 代表取締役の一澤信三郎氏と奥様の一澤恵美氏をお招きし、本学の熊王康宏准教授がコーディネート役となり、京都老舗の経営術についてご講演頂きました。そして、藤枝市の商工会議所会員、起業家、学生の約80名に、一澤信三郎帆布の経営力とオンリーワン企業であり続けられる秘策をご教授いただくことができました。

 藤枝商工会議所会員の社長様より、「現在の自身の経営する企業の方向性を再確認できた。」とのご意見も頂戴しました。また、学生からは、「お客様を第一に考えた姿勢が、ものづくりと商品、接客対応にも反映されている。」との意見を得ることができ、学生もこれからの日本のものづくりにおける在り方を学んでおりました。

 TV番組の影響で、店舗では品薄状態が続き、ご多忙極められておられる一澤社長夫妻には、京都より遠路お越し頂き、また、経営術についてご教授くださり、深謝申し上げます。

 静岡産業大学では、藤枝Biviキャンをはじめとするキャンパスで、産業界を代表する第一人者を講師としてお招きし、他大学では真似のできない“オンリーワン”な講演で、地域に貢献していきます。