グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  本学教員が認定看護管理者教育課程ファーストレベル特別講義を行いました

 

本学教員が認定看護管理者教育課程ファーストレベル特別講義を行いました


6月7日、静岡市の静岡県看護協会にて、公益社団法人静岡県看護協会主催の平成29年度認定看護管理者教育課程ファーストレベルの特別講義「論文の書き方」が開催されました。静岡県内で医療・看護・介護に従事する69名の方が受講しました。

この特別講義は、組織の中間管理者として、職場で自分の考えを客観的に表現する手段を習得することが目的です。午前は、情報学部土居繭子准教授が「説得力のある論文を書くために」「思考の整理法」「情報収集法」について解説しました。午後は、経営学部葉口英子准教授が「アウトラインの作成」「執筆と点検」「プレゼンテーションの作成」について解説しました。

受講者の方々は、講師の解説を熱心にメモするのはもちろん、ディベート、話し合い、1分間スピーチといったアクティブラーニングの場面でも積極的に楽しんで取り組む姿が印象的でした。

本学教員によるこの特別講義も5年目を迎えました。他にも毎年開催される静岡県看護協会の教育研修のいくつかは、本学教員が担当しています。このように、本学では静岡産業大学総合研究所の支援も受けながら、教員の有する知識やスキルを積極的に社会・地域貢献へと繋げています。