グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  スポーツ人間科学部 >  学科・コース案内 >  こどもスポーツ教育学科(仮称)

 

こどもスポーツ教育学科(仮称)


「スポーツ保育」の理念に基づき、子ども一人ひとりのニーズに応じた幼児教育・保育の知識と
技術力を備え、実践する力を養成します

運動あそびを通して子どもの心身の発達を促す、「スポーツ保育」の考えに基づいた幼児教育・保育の理論と技術を学習します。
授業に加え、キッズスクールやボランティアなど、子どもたちと触れ合う機会も豊富にあり、実践的な指導力を身につけることができます。また、特別な支援を必要とする子どもへの指導・支援についても理解を深めていきます。

特色① 「スポーツ保育」で、子どもの健やかな成長に
    貢献する人材を育成

スポーツを基盤とした保育・教育活動は、子どもの心身の健全な発達や人間形成の観点から、近年注目されています。「スポーツ保育」を提唱する本学ならではの学びで、子どもの成長を科学的かつ複合的に学べます。

特色② 「幼稚園教諭」「特別支援学校教諭」「保育士」
    の3つの免許状・資格の取得が可能

所定の単位を修得することで、卒業時に幼稚園教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状、保育士資格の取得が可能です。スポーツを通じて子どもたちを育む「スポーツ保育教育士」資格も取得できます。

特色③ 実践力が身につく多彩な「現場体験学習」

学生が主体となって企画、運営、指導を行う子ども向けスポーツ教室「キッズスクール」。
教育現場や福祉施設での実習。多彩なボランティア活動。豊富な「現場体験学習」を通して、指導や運営の実践力が身につけられます。

特色④ 個人レッスンのための「ピアノ練習室」を完備

一人ひとりの習熟度に合わせた指導で、初学者でもピアノ演奏ができるまでサポート。また音楽、図画工作、調理などの演習授業を行う「こども教育棟」にはピアノ練習室が6室あり、授業時間外にも自由に利用可能です。

特色⑤ インクルーシブ教育・保育の専門知識を備えた
    人材を養成

インクルーシブ教育とは、障がいのある人とない人が共に学ぶ仕組みのことです。
すべての子どもの可能性を引き出し、一人ひとりのニーズに応じた指導・支援を行うための専門知識と技能を備えた教育者・保育者を養成します。

静岡産業大学 × Yumenavi TALK

子どもの心理学

漁田 俊子 教授【夢ナビTALK】

子供の体・心・脳の発達を促すスポーツ保育

山田 悟史 准教授【夢ナビTALK】

授業紹介

リトミック

身体の動きを通して音楽を理解し表現する力を養う教育法、リトミックの基本を習得します。この講義では、身体運動によってリズムの基礎についての理解を深め、身体全体で音楽のさまざまなニュアンスを感じとることで、音に対する注意力を養います。同時に、保育者として必要とされる柔軟でバランスの取れた身体の動きを身につけることも目標とします。保育者として、身体表現をともなった子どもの活動を援助、展開するため、リトミックの指導法を学び、実践する力を習得します。

子どもスポーツ論

子どもの健全な心身の発育発達のためにふさわしいスポーツとはどのようなものかを学びます。スポーツは単なる運動や体育とは異なります。しかし、それが一般的に理解されているとは言いがたく、スポーツの名のもとに、子どもたちの健全な発育発達を阻害するような活動がなされていることも少なくありません。幼少年期の子どもにとって良いスポーツのあり方とは何か、なぜスポーツが必要なのかを、子どもを取り巻く環境や、現代の子どもに生じている心や体の問題などを題材にして学びます。

取得可能な免許および資格

幼稚園教諭一種免許状 ※申請中

特別支援学校教諭一種免許状 ※申請中

保育士資格

社会福祉主事任用資格 国家任用資格 所定の単位数を取得し、卒業することにより資格が得られる
スポーツ保育教育士 民間資格
ジュニアスポーツ指導員 民間資格 所定の単位数を取得することにより受験資格が得られる
※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。