グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経営学部 >  学科案内

 

学科案内



経営学科

多様化・複雑化する現代の企業(組織)経営に関する「理論」と産業界との連携による「実践」により、ビジネスの現場で活用できる力を養います。また、「地域マネジメント」「スポーツマネジメント」「データマネジメント」の3つのフィールドで、次世代のビジネスリーダーとして活躍できる専門性を身につけます。

地域の特性を活かしたSDGsを考える「地域マネジメント」

藤枝キャンパス 磐田キャンパス
与えられた環境下で、その時点での利潤の最大化を目指していた経営は、将来を見据えた持続可能利潤を目指すものに変わりつつあります。これからの企業や社会では長期的な視点で将来を考え、持続的な発展につながる経営が求められます。地域経済の特性を活かし、持続可能な地域社会を実現する経営を考えます。

文化としてのスポーツを地域資源へと展開させる「スポーツマネジメント」

磐田キャンパス
スポーツを文化として位置づけ、人々の生活を豊かにするためのスポーツの価値を学びます。また、経営学の視点からスポーツ産業の特性を理解し、食や旅行、IT、健康など他分野の地域資源とスポーツとを融合させることで、新たなスポーツ産業を創出する人材を育成します。

蓄積されたデータを活かし、新たな価値を創出する「データマネジメント」

藤枝キャンパス
多くの小売店が導入しているポイントカード情報はもちろんのこと、ネット検索やSNS でのつぶやき、写真投稿、動画視聴など、今やデジタル化されたすべてのデータがネットワークに蓄積されています。これらのデータをビジネスに活かす事例を学び、新たな価値を創出する発想力を磨きます。

心理経営学科

組織における人間の行動や意思決定を人的資源管理や心理学から学ぶ「ビジネス心理」、人間形成の初歩である子どもの行動変容を心理学や保育学の視点から学ぶ「子ども情操心理」の2つのフィールドで、ビジネス現場や保育現場で問題解決できる力を養います。

組織や人を動かす心の琴線に触れる「ビジネス心理」

藤枝キャンパス
組織と働く人々との間に生じる問題を解決したり、働く人のモチベーションを高めたり、心理学の知識と技法を組織マネジメントの課題に応用する力を修得します。また、人の判断や感情の動きを左右する心理学的法則を理解し、商品開発や販売戦略、交渉などビジネスに活かせるスキルを身につけます。

保育にかかわる多様な課題解決に役立つ「子ども情操心理」

磐田キャンパス
保育学の視点から子どもを取り巻く環境や社会変化を分析し、課題を把握するとともに、子どもの家庭への支援、保護者への相談援助に関する心理学の知識と技術を身につけます。また、子どもの身体、心、脳の働きを高める「運動遊び」に着目し、健やかな成長を多面的に支援できる保育者を養成します。

保育士養成課程

本学では、一般的な保育士の勉強に加え、スポーツ指導を含めた高い保育技能を修得できる保育士養成課程を設置しています(磐田キャンパスのみ)。また、経営学部という特性を活かし、保育経営に必要な専門的知識と幅広い教養を身につけ、保育サービス産業や子育て支援ビジネスでも活躍できる人材を育成します。

キャンパス内には専門的な学びに必要な保育実習室、調理実習室、図画工作室、小児保健室、音楽室、ピアノレッスン室、ダンス場などを備えた「こども教育棟」があり、実践的な授業が行われています。

カリキュラム

※内容は予定であり、変更する場合があります。(2020年4月現在)

授業紹介

コミュニケーション英語

ビジネスで使える英語力を身につける

英語教育に140年以上の歴史を持ち、国内企業4800社以上で利用されている 語学学校ベルリッツ と連携し、そのメソッドと本学の実学教育を融合させた学びを実施しています。英語に苦手意識を持つ人や、外国人とコミュニケーションを取った経験がほとんどない人に向けて同社が開発した特別カリキュラムにより、実践的な英語を基礎から学習。英語ネイティブの外国人講師を中心に、15人程度の少人数制クラスで、スピーキングとリスニングに特化したアウトプット重視の授業を展開。これからのグローバル社会で必ず役立つ「使える英語」を、確実に習得します。

ベルリッツは1878年に創設されたグローバル企業です。世界各国で語学、留学、グローバル人材育成にかかるサービスを提供しています。厳しい採用とトレーニングを受けた教師陣により、日常英会話や旅行英会話をはじめ、社会人向けのビジネス英会話、実践的なビジネスコミュニケーション力を養うプログラムを提供しています。

しずおか学

本学独自の「しずおか学」で地域の特性と可能性を考えよう。

町や都市を発展させるには、法制度を用いて仕組みを作る公共政策が必要です。私は静岡県庁や国、市町村の様々な部署を歴任し、30年以上も地域に向き合ってきました。私が受け持つ「地域学」は、別名「しずおか学」。静岡の自然、歴史、産業や都市の成り立ちを学生と共に調べ、考えます。「しずおか学」は、私が長年調べてきた情報を盛り込んだ、本学独自の授業です。人も企業も、地域の一員です。地域を見る力や習慣を身につけることで、公務員はもちろん、様々なジャンルで活躍できる人材に成長してください。

企業ファイナンス

企業の資金調達方法と活用方法を経営者の視点から考え、学習する。

コーポレートファイナンス(企業財務)は、企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち「カネ」に焦点を当てた学問です。本講義では、経営者の視点からコーポレートファイナンスの理論を解説。特に「企業は誰から資金を調達するのか」「調達した資金を何に活用するのか」の2点に重点を置きます。資金調達や投資プロジェクトの内容は企業ごとに異なるので、毎回必ず企業の事例を紹介し、多角的な視点を習得してもらいます。

スポーツマネジメント論

マネジメントの手法を学ぶことで、スポーツ現場で待望の人材を育成。

近年、文化活動、経済活動としてのスポーツをどのように組織し運営していくかが大きな課題となっています。本講義では、スポーツという事象をマネジメントの観点から分析することで、スポーツ指導やスポーツ産業の現場で求められる知識やスキルを磨いていきます。様々な条件下でのスポーツ事業を想定しながら、理論だけでなく実践を意識することで、「する」「見る」「支える」というスポーツとの関わりを、より確かなものとする方法を学びます。

保育の心理学(発達心理学)

子どもの成長による発達的行動・内的メカニズムの変化を理解する。

この講義では、子どもの成長にともなう発達的行動と内的なメカニズムの変化、子どもの発達に影響する要因について学習します。子どもの心身の発達の過程、発達の法則や原理、遺伝や環境経験の役割、乳児の可能性、子どもの認識過程について理解を深め、発達における教育や保育の役割とその可能性についても学びます。日常生活の具体例や物語、神話などのエピソードを紹介しながら、心理学の理論をわかりやすく説明していきます。