グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  新・経営学部 >  経営学科

 

経営学科


社会人として必要な教養を身につけ、ビジネスの専門知識を4つの領域から体系的に学ぶ

1 年次より配当されている科目では大学で学ぶ上でベースとなる知識やスキル、経営学の基礎知識、社会人として必要な教養などを身につけます。
そして2 年次からは、経営学やマーケティング等を活かせる「ビジネス適応力」、行動科学や心理学を学ぶ「人間行動力」、ICT を活用できる能力「情報活用力」、地域の持続的創生・発展の構想を描ける能力「地域連携力」の4 領域を希望進路に沿って体系的に学び、就業力につなげていきます。

【 カリキュラムの特徴 】

基盤能力形成科目 初年次において、大学生としての基礎的スキル(調べる、まとめる、議論する、発表する等)を身につける「基礎ゼミナール」を必修とし、本学の学びの対象となる産業社会やスポーツを多面的に考察する科目、学びのフィールドとなる静岡県の地域性を理解するための科目を履修します。
全学共通科目(基礎教育科目) 現代社会で求められる情報活用能力、外国語コミュニケーション能力、教養、就業力などを養う科目を履修することで、社会人として必要な幅広い能力を身につけます。
基幹科目 「マネジメント入門」、「簿記原理」、「現代経済学」などビジネスを学ぶ上で知っておかなければならない基礎的な知識を習得します。
経営学科専門科目 ICT の進展を背景に変化し続ける産業社会や地域社会に適応し、これらの社会の発展に寄与するためには、経営学の専門性だけでなく、人間の行動の理解に必要な行動科学や心理学、大量の情報やデータから新たな価値を創造する手法、地域課題を発見し解決するための思考を身につける必要があります。そこで、これらの力をバランス
よく身につけるために、経営学科では専門科目を「ビジネス適応力」、「人間行動力」、「情報活用力」、「地域連携力」の4つの科目群に分け、個々の興味・関心やめざす職業に応じて主体的に科目を履修します。
全学共通科目
(専門教育科目)
教員や大学、自治体、地域企業などが設定するプロジェクトを通して課題解決プロセスや研究方法の基礎を学べる「専門演習」や、指導教員のもと専門性を深め社会性を広げる「専門ゼミナール」で課題解決力と論理的思考力を身につけます。

授業紹介

【 企業ファイナンス 】
資金面から経営を考える
企業ファイナンスは、主に投資政策、資金調達、利益還元政策の3点から企業経営を考察する学問です。投資政策では、企業の設備投資およびM&Aに関する基礎知識を学びます。資金調達は、内部資金、金融機関からの借り入れ、株式発行に注目し、企業の資金調達方法のあり方を考えます。利益還元政策については、配当と自己株式取得という2つの重要な還元方法を学習します。いずれも実際の企業の事例を活用し、身近な話題からわかりやすく学習します。将来の起業を目指す学生や、企業経営の実態に関心のある学生には、特に有益な授業です。
【 地域産業論 】
静岡県の産業を深く学ぶ
静岡県にはホンダ、ヤマハ、スズキなど世界的な企業が数多くあり、高い技術をもつ大企業と中小企業が連携した、国内有数の「ものづくり県」となっています。また豊かな自然環境を生かした農林水産業や、充実した交通網を活用した流通業も発展しています。恵まれた環境の中、輸送機械・電気機器など輸出型の産業から電子・医療・観光・航空宇宙・食品など、多くの有望な産業・企業が今も続々と育ちつつあります。こうした静岡県の産業の歴史、現状、将来、強みなどについて深く学習し、就職に向けた業界研究・分析にも役立てていきます。