グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経営学部 >  学科案内

 

学科案内



経営学科(藤枝キャンパス・磐田キャンパス)

 企業や地域、行政を対象とした経営学を学び、社会で役立つ知識と技術を身につけます。また、多様化、複雑化した社会に対応できるよう、経営学・経済学や情報活用スキルを基礎に、マーケティング、会計、マネジメントを学びます。
特色① 理論と実践を融合した学びで、社会で求められる「自ら考え行動する力」を養成
特色② 仕事に直結する簿記、ICT、英語等の資格取得を徹底サポート
特色③ 静岡県内の金融機関、公務員、企業への就職に強い、地域に根ざしたビジネス教育

授業紹介

マーケティング論
現代のビジネスにおいてマーケティング活動は不可欠な存在です。私たちは、日常の生活において企業の展開するマーケティング活動と接しないことは殆どないと言ってもよいでしょう。それは、企業の提供する製品・サービスなしには現代の生活が成り立たず、その提供者と受け手によって構成される市場においての消費行動に係る様々な行為・行動がマーケティングという活動になっているからです。こうした企業のマーケティング活動について、企業の展開するマーケティングのマネジメントと顧客・消費者の購買行動の複眼的な視点から、その基本原理を学ぶことができます。
国際経営論
現代社会における企業経営は、国内に限らず国境を越えてモノ、カネ、サービス、技術、ノウハウなどが自由に行き交うグローバル化された世界で営まれています。人口減少問題を抱え、内需拡大が難しい日本企業にとっては、国際経営の重要性がますます高まっており、国際経営の内容や課題を理解し、具体的な事例を学ぶことで、今後の企業経営の方向性についての基本的理解を深めることができます。

静岡産業大学 × Yumenavi TALK

スポーツを仕事にするには~二刀流の勧め~
牧野 好洋 教授【夢ナビTALK】
AIが変えるスポーツのこれから
佐野 典秀 教授【夢ナビTALK】

スポーツ経営学科(磐田キャンパス)

※2年次に「スポーツ経営学科」を希望する場合、1年次から「磐田キャンパス」となります。
 ビジネス、文化、スポーツ科学、情報科学、保育などの多角的な視点からスポーツを学び、「スポーツの持つ力」を社会に活かす実践力を養成します。また、保育士養成課程では、「スポーツ保育」の考えに基づいた保育の理論と技術を学習します。
特色① スポーツ指導の現場に求められる専門知識とマネジメント力を身につける
特色② 卒業と同時に保育士資格の取得が可能。採用試験対策も徹底サポート
特色③ 地域スポーツ振興について学び、スポーツマネジメントの実践力を磨く

授業紹介

運動生理学
運動は生体に対する刺激ないしストレスとなるために、筋活動を調整する神経系や内分泌系、筋肉に酸素や栄養を供給する呼吸器系や循環器系など様々な生理機能の反応・適応が生体内で起こります。そして、運動は日常作業やスポーツなど人の行動の大きな割合を占めることから、生理機能は休む間もなく運動に対する適応活動を続けています。運動生理学は、運動によって様々な生理機能がどのように変化するかを学ぶ学問です。各生理機能が運動によってどのような過程とメカニズムで変化するかを学習します。

スポーツ経営学
スポーツの生み出す価値は、楽しさ、健康、エンターテインメントの提供にとどまらず、様々な分野と結びつき、人々の生活を豊かにする重要なツールの1つとして期待されるようになりました。スポーツ経営学では、スポーツを事業として展開する組織の活動を、組織構造や環境、消費者行動、マーケティング、スポーツ政策といった様々な視点から捉えていきます。更に、プロスポーツ、地域スポーツ、障害者スポーツといった側面からも取り上げ、スポーツ経営に関する知識の深化を図ります。加えて、新しいテクノロジー(ICT)がスポーツと関わることによって生まれるビジネスの可能性についても学ぶことができます。

静岡産業大学 × Yumenavi TALK

スポーツを科学する:より楽しく、賢く。
小澤 治夫 教授【夢ナビTALK】

スポーツのケガを予防する3つの方法
中井 真吾 講師【夢ナビTALK】
テクノロジーが明かすサッカーフィットネス
中西 健一郎 准教授【夢ナビTALK】

子供の体・心・脳の発達を促すスポーツ保育
山田 悟史 准教授【夢ナビTALK】
筋肉のユニークな振る舞いと適応能力
江間 諒一 講師【夢ナビTALK】

幼児期の運動あそびは未来をつくる
香村 恵介 講師【夢ナビTALK】

心理経営学科(藤枝キャンパス)

 心理学と経営学を学ぶことで購買行動の心理を理解し、それらをマーケティング活動に活かして企業の成果に結びつける能力を養います。また、組織やスポーツにおける諸問題の解決に、心理的手法を用いて貢献しうる人材を育成します。
特色① 組織における人の行動や判断を心理学的視点から捉え、組織運営に活かせる人材を育成
特色② スポーツ選手や子どもの行動と心の動きを理解し、その成長を支援するスキルを修得
特色③ 消費者行動の予測や商品開発などに活かせる、ビジネスの現場で役立つ心理学を学ぶ

授業紹介

広告心理学
企業が消費者に対して行うコミュニケーション手段の一つが広告です。広告の効果を高めるためには、その受け手である消費者の行動を理解し、分析することが不可欠です。消費者の行動に関する諸理論を理解しながら、企業のマーケティング活動として広告を捉え、広告効果、立案方法、文化的意味などについて、多面的に学習します。学生の学習効果に常に配慮し、具体的なテレビCMや新聞・雑誌広告、ネット広告の成功事例や失敗事例を多く取り上げ、映像資料を活用しながら学んでいきます。
発達心理学
子どもの成長にともなう発達的行動と内的なメカニズムの変化、子どもの発達に影響する要因について学習します。子どもの心身の発達の過程、発達の法則や原理、遺伝や環境経験の役割、乳児の可能性、子どもの認識過程について理解します。また、発達における教育や保育の役割とあり方、その可能性などについても学びます。

静岡産業大学 × Yumenavi TALK

子どもの心理学
漁田 俊子 教授【夢ナビTALK】