グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経営学部

 

経営学部


経営学科・スポーツ経営学科・心理経営学科
経営学は、現実社会と密接に結びついた “実学” です。経営学部では、実社会を教科書とした実践的な学習を目指し、これからの社会が求める人材育成にダイレクトに結びついたわかりやすい独自のプログラムを用意しました。
「やりたい仕事」につながる基礎知識やスキルだけでなく、課題解決力やコミュニケーション力も、しっかり修得。
みなさんの未来に直結する学びが詰まっています。

学部長メッセージ

経営学部学部長/教授 佐藤 和美 Sato Kazumi
明治大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得満期退学。商学修士。1983年、財団法人日本システム開発研究所嘱託研究員を経て、1985年、鹿児島女子短期大学専任講師。2002年に静岡産業大学経営学部助教授となり、2007年4月准教授、2011年4月教授に就任。2020年4月から現職

心豊かな社会人になり、地域を支え、社会の発展に貢献

大学で学ぶということは、高度な専門性をもつと同時に、幅広い教養を身につけることにあります。幅広い教養は、皆さんの視野を広くもたせ、バランスのとれた人間性を生み出します。そして、高度な専門性と幅広い教養を同時に身につけることで、社会の中に様々な「きづき」を生み、創造的で活性化した豊かな社会をリードする人物となるでしょう。

経営学部は、ビジネスを通じて、地域を支え、社会の発展に貢献する人材を輩出します。実践的な能力の育成にも力を入れます。ビジネスの最前線で活躍されている実務家による講義、企業、自治体との産学官連携プログラムへの参加、資格取得支援、英語教育、キャリア教育など実学教育を推進し、知識やスキルの習得に加え、ビジネスモデルを生み出す発想力、構築力を養成します。

静岡産業大学経営学部は、一人ひとりの「やる気」を刺激する「学びの場」です。

学びの特色

特色① 地域社会を学びのフィールドに真の実学を学ぶ「ビジネス教育」

企業とコラボレーションしたゼミナールや地元企業や自治体との緊密な連携による「冠講座」、インターンシップなど、企業人と一緒に取り組むプロジェクトや実際の仕事を体験する授業を豊富に用意しています。また、実務家教員からビジネススキルを学び、ビジネス現場で実践する機会もあります。

実学教育「SHIZU産プロジェクト」事例集

実際の仕事の内容を知ることができる自治体・企業による「冠講座」

「こんな仕事がしたい」「こんな会社で働きたい」
という視点で学生が静岡の魅力ある企業を探索

島田市と連携したお茶を使った商品開発

特色② チームで課題に取り組む「課題解決型プロジェクト」

実社会で必ず必要とされるチーム力や、プレゼンテーション力を養うため、多彩なプロジェクトを用意。企業とコラボレーションして具体的な課題に取り組む「SHIZU 産プロジェクト」や、各種ビジネスコンテストへの参加など、キャンパスを飛び出した学びが豊富です。

地元の食材を使い地域貢献のための弁当開発

学生目線で藤枝市の魅力を発信する番組「産大TV」

地元の紅茶葉を使ったソフトクリーム開発・販売

特色③ 希望する進路に即した「進路別履修プログラム」

「希望の進路」を叶えるには、就職活動だけに力を入れるのではなく、目指す進路に必要な専門知識やスキルを習得し、資格を取得する、4年間を通じた学びが重要です。本学では進路目標に即した履修プログラムを用意。それぞれの目標に向かって効率よく学ぶことができます。実社会とのつながりを意識した学びにより、「希望の進路の実現」はもとより「社会で役立つ人材」として大きく成長できます。

進路別履修プログラム

AIRLINE プログラム
画像提供:ANA 総合研究所

特色④ キャンパス内で受講可能。実社会で武器となる「資格講座」

卒業後の進路に役立つ資格取得のための資格講座を大学内で開講。資格取得奨励金給付制度などのバックアップ体制も整えています。
また、公務員を目指す学生のために1年次から無料で受講できる公務員試験対策講座「公務員塾」を開設し、合格まで徹底したサポートを行っています。

公務員塾

BiViキャンでの公開講座

パソコン講座

特色⑤ ビジネスに不可欠な「ICT 能力」と「コミュニケーション英語」の修得

これからの社会では、ICT の基礎能力と英語力が不可欠。ビジネスソフトの使い方からプログラミングまで、実践的な授業でコンピュータを使いこなす力を身につけます。またベルリッツ® との提携により外国人講師からアウトプット重視の実践的な英語を学ぶことができます。

キャンパス選択制

自分に似合うキャンパスは、どちらだろう?

「藤枝キャンパス」「磐田キャンパス」どちらにも経営学部があり、自分のライフスタイルや希望に合わせて「メイン・キャンパス」を選ぶことができます。
※2年次に「スポーツ経営学科」を希望する場合は、1年次から「磐田キャンパス」となります。

藤枝キャンパス

磐田キャンパス
※画像をクリックすると、施設案内にリンクします。