グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  まなびのとびら >  マーケティングを実践する

 

マーケティングを実践する


准教授 金 炯中(マーケティング戦略、グローバル・マーケティング)

 金ゼミでは、マーケティングの理論を学び、それを実践する活動を通して豊かな社会づくりを目指します。
具体的には、前期には主にマーケティングの事例を分析し、プレゼンテーションをしてもらいます。後期には、市場調査、販売戦略の提案、広告・PR活動、ビジネスコンテストへの応募など、多様な実践的活動を行います。

 去年は、藤枝市茶商工業協同組合が販売する緑茶「藤枝かおり」の販売戦略を静岡県立大学の尹ゼミと共同で提案しました。販売戦略を提案するために、大学生に対する市場調査及び分析、販売店への聞き取り調査、そして関連団体への聞き取り調査など、マーケティングの重要な活動を実践することができました。

「藤枝かおり」

藤枝市お茶のまち推進室でのワークショップ

 また、藤枝市の人口増加のため、若者の視点から広告・PR戦略を考え、藤枝市長の前で報告を行いました。広告ポスターの製作に当っては、藤枝市在住で子育て中の若い主婦へのグループインタビューや若者へのアンケート調査などを通して、藤枝市の魅力を明らかにしたうえで、広告コピーやデザインを作りました。また、ポスターの製作には、デザインに詳しい本学の小林克司先生も協力してくださいました。このポスターは様々な所に貼られ、藤枝市の魅力を伝えています。

藤枝市役所で報告会

人口増加のために制作したポスター

 さらに、平成24年には磐田信用銀行が主催する第11回ビジネスコンテスにおいて、学生部門で最優秀賞を獲得しました。その時の新しいビジネスプランのタイトルは『非常用離乳食「すくすくごはん」の販売戦略』でした。

「すくすくごはん」のパッケージのイメージ図

 金ゼミでは、机上の空論ではなく、様々な実践的な活動を通してマーケティングを経験し、マーケティングの考え方を身につけています。