グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  まなびのとびら >  写真を用いたデジタルアーカイブと新たな表現手法の開発

 

写真を用いたデジタルアーカイブと新たな表現手法の開発


講師 内藤 旭惠(経営情報、デジタルアーカイブ、文化情報表現)

  内藤ゼミでは写真を用いたデジタルアーカイブと新たな表現手法の開発を行っています。
 静止画像を用いた表現工学の研究で、代表的なものとしては、「和紙を用いた写真表現」や「用紙の違いによる写真の雰囲気に与える影響」、「ドーム型和紙を用いたヴァーチャルリアリティの研究」といった実証的研究に取り組んでいます。

 将来的には、舞台演出装置などへの応用が期待される非常に将来性のある分野です。
 ゼミ生も「好きなことで一番になろう!」をモットーに前向きに取り組んでいます。

 一般的に「情報は足で稼げ!」とよく言われますが、自らの足で行動し、自らの目で確認し、頭で考え分析を行うといったことを実践しています。

 フィールドワークとデスクワークを組み合わせることで、脳を活性化させ、新しいアイデアの創造と最先端の表現方法の検討を日々行っています。

<印刷比較>

<ゼミ活動風景>

<ドーム型和紙>

<和紙表現>