グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  在学生の方へ >  学生生活(在学生用) >  藤枝キャンパス >  保健センター・学生相談

 

保健センター・学生相談



保健センターの主な業務

1.定期健康診断について

学校保健安全法により、学生は年一回の定期健康診断を受診するように定められており、本学でも4月に定期健康診断を実施しています。
これを受診しないと、体育実技に支障をきたすだけでなく、進学、就職の際に必要な健康診断書を発行することができませんので、必ず受診してください。
定期健康診断の結果、再検査や精密検査が必要である学生には、個人的に連絡するとともに、医療機関への紹介や保健指導を行っています。
なお、大学で実施される定期健康診断を受診しない学生には、後日最寄りの医療機関等で健康診断を受け、その結果を提出してもらいます。その際の費用は自己負担となります。

2.健康相談について

大学生活の中での心身の問題、困ったこと、相談したいことは保健センターに来てください。(秘密は厳守します。)

3.応急処置について

大学内で体調不良になったとき、怪我をしたとき応急処置を行います。
医療的な処置や治療が必要と判断した場合は、医療機関と連携して対応します。
一時休養が必要と判断した場合は、ベッドで休むことができます。

※万が一に備えAED(自動体外式除細動器)を設置しています。
設置場所 正面玄関、3号館1階、2号館1階グランド側壁面
使用方法 AEDの音声ガイダンスに従ってください。

4.インフルエンザ罹患証明書

インフルエンザと疑われる症状がある場合は「インフルエンザ罹患証明書」を以下からダウンロード・持参して、医療機関を受診してください。
インフルエンザ(疑いも含む)と診断されたら、医師に「インフルエンザ罹患証明書」への記入を依頼し、学務課にインフルエンザと診断されたことを電話またはメールにて報告してください。

その後は、出席停止期間が経過するまで、大学に登校することはできません。
出席停止期間中は、毎日、午前・午後に体温を測定し「インフルエンザ罹患証明書」下段の「インフルエンザ経過報告書」に記入をしてください。
※出席停止期間:発症日を0日として、発症後から5日かつ解熱後2日を経過するまで

出席停止期間が経過し、登校を再開した日に「インフルエンザ罹患証明書」を学務課に提出してください。
登校再開時、判断に迷ってしまう場合は、保健センターまで電話またはメールにて相談してください。

5.感染症登校許可証書

はしかやおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)などの学校感染症と診断された場合は、集団感染を防ぐため、治癒するまで決められた期間は大学に登校することができません。
学校感染症と診断された場合は、そのことを学務課に電話またはメールにて報告してください。
出席停止期間が経過し、登校を再開する際は、医療機関を受診し「感染症登校許可証明書」(以下からダウンロード)に記入してもらい、学務課に提出をしてください。

家族と離れて生活する学生の方へ

病気やけが等で病院にかかるときには保険証が必要です。家族と離れて生活する学生は、「遠隔地被扶養者証」を必ず発行してもらいましょう。
発行の際、在学証明書が必要となりますので、証明書自動発行機を利用して入手してください。
また、家族と離れて生活する学生は、下記のことに十分注意をしましょう。

  1. 常備薬として、胃薬・整腸剤・鎮痛剤・風邪薬・ばんそうこう・体温計等は各自で用意しておくといいでしょう。
  2. 食生活をはじめとして、規則正しい生活サイクルに気をつけたり、自分の健康管理には十分注意しましょう。

学生相談について

学生生活を送る上で、「人生」、「勉強」、「心身」その他いろいろな悩みや問題が生じてきます。
これらは、最終的には学生個人個人で解決していかなくてはなりませんが、自宅やアパートで一人で悩み考え込むよりも、色々な人に相談をして対処方法を見つけてみましょう。

カウンセリングルームの利用について

専門のカウンセラーが相談を受けます。どんな悩みでもOK!一人で悩んでいないで、いつでもどうぞ。
もちろん秘密は厳守します。
悩み相談だけではなく、自分の今の状態や対処方法が知りたい方も気軽にどうぞ。簡単にチェックできます!
  • 自分の性格や癖が気になる。
  • どんな相手となら気が合うのか知りたい。
  • 自分らしい自分に出会えているかなぁ。
  • 友達とうまくやっていきたい。

カウンセリングの予約について

TEL 054-646-5401(保健センター)
メール お名前、学籍番号、カウンセリング希望日・時間、連絡先の電話番号を記入して、
下記メールアドレスまで送信してください。
 f-danwa@ssu.ac.jp(予約専用)
直 接 カウンセラー・保健センターへ申し込むこともできます。

ハラスメントの相談について

本学では、ハラスメントの相談窓口を設置しています。被害を受けたり、友人からその種の相談を受けたりした場合、気軽に相談しに来てください。
相談員は、相談者の秘密を守り、不利益を受けることのないように配慮しながら、一緒に解決策を考えていきます。

相談窓口:保健センターおよびカウンセリングルーム
※ハラスメントに関する相談は、窓口への直接相談の他、電話、メール、手紙などにより相談することができます。
保健センター
1号館2階(市立病院側)
電話:054-646-5401
Eメール:f-hoken@ssu.ac.jp
カウンセリングルーム
1号館2階(市立病院側)
電話:054-645-5411
Eメール:f-danwa@ssu.ac.jp

悪質商法等の相談は?

訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法)等の悪質商法による巧妙な売り込み、勧誘等で契約してしまった場合、-人で悩んだり解決しようとせず、直ぐに家族、友人、指導教員、職員等に相談しましょう。
なお、解約手続き等については、下記の静岡県消費生活センターに相談すると安心です。
東部
TEL:055-952-2299
中部
TEL:054-202-6006
西部
TEL:053-452-2299