グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

静岡初のスポーツ科学部が、
静岡発のスポーツ文化をつくる。
そのリーダーとして
活躍する人材は、
きっと地域そのものを
リードする存在になる。

スポーツは文化です。音楽や芸術などと同じように、
誰もが生涯にわたって楽しめるカルチャーといえます。
スポーツを「する」「みる」「ささえる」「知る」という多角的な視点をもって
理解を深めるほど、スポーツの可能性に気づいてもらえるはずです。
すでにスポーツを楽しんでいる人はもちろん、いまはスポーツとは深く関わってない人にも、
スポーツ科学という学びは多くのものをもたらします。
豊かな地域社会の実現のために発揮してほしい指導力や企画力や組織力、
そしてコミュニケーション能力や問題解決能力などのスキルを学んでください。

スポーツ科学部の3つのポリシー

学びの領域

スポーツは文化であり、健康や科学、そして教育と密接な関係を持っています。
だからこそスポーツ科学部の学びのステージは、
スポーツという一つのキーワードを軸にしつつも、非常に奥ゆきと広がりをもっています。
スポーツをめぐる多彩な学びは、さまざまな角度からあなたの興味の扉を開きます。

PICK UP#01

少人数クラスでの
4年間のゼミナール活動

4年間のゼミナール活動を通じて、異なる意見を尊重し、協働してより良い解決策を導き出す力を獲得します。

PICK UP#02

スポーツの競技者、指導者、支援者に必要な
スポーツ科学の理論的な知識を習得

スポーツ人材として幅広い領域で活躍できるよう、スポーツ科学の理論のみならずスポーツの意義や価値を学びます。

PICK UP#03

スポーツ科学の理論と実践の
融合を図る実学教育

スポーツ科学の理論を地域やスポーツ現場で活かす学びを通して、社会で活躍するための実践力を養います。

スポーツ科学部スポーツ科学科

学生一人ひとりの興味や関心、卒業後の職域に応じて3つの履修モデルを提示しています。

履修モデル
スポーツをささえる・スポーツで社会をささえる

取得可能な免許および資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)※
  • 健康運動実践指導者
  • JATI認定トレーニング指導者資格
  • グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)
  • アシスタントマネジャー
  • ジュニアスポーツ指導員
  • コーチングアシスタント
  • JFA公認サッカーC級コーチ(日本スポーツ協会公認指導員)

※玉川大学通信教育部との連携により、成績優秀者は「小学校教諭二種免許状」の取得が可能です。(中学校教諭一種免許状取得が条件・別途費用が必要)

想定される進路・就職先

  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • 公共スポーツ施設・民間スポーツクラブ・スポーツ団体・
  • プロスポーツクラブの指導者
  • トップアスリート
  • 地域拠点企業等の職員
  • スポーツ施設の運営・管理者
  • 健康づくり運動指導者
  • 健康増進施設職員
  • スポーツ振興行政職
  • NPO団体職員
  • スポーツ教育関連企業等の職員

学びを深化させる
日本トップクラスの設備

PICK UP

超音波診断装置

解剖書に掲載されている写真や絵を通じて目にする身体内部の様子を可視化できます。講義では、筋肉や皮下脂肪の厚み、筋肉の硬さ、運動中の筋線維の振る舞いなどを観察することで、自身の身体や運動が生じる仕組みへの理解を深めていきます。

PICK UP

等速性筋力計

肘関節や膝関節など、さまざまな関節における筋力を測定することができます。同様の装置は、オリンピック選手の体力測定にも活用されていて、講義で測定した結果と公表されているトップ選手の結果を比較することができます。筋力の左右差を調べ、スポーツ障害の発生リスクとの関係を調べるような検討も行うことができます。

PICK UP

三次元動作解析システム+床反力計

赤外線カメラで身体をキャプチャし、床反力計で身体が地面に加えている力を調べることにより、運動中の関節の動きや関節が生み出しているモーメントを知ることができます。本学にはダイナミックな動作を詳細に分析するために十分な数のカメラがあり、興味があるスポーツ動作への理解を深めることが可能です。

PICK UP

屋内・屋外位置情報測位システム

グラウンド内のどこに自分がいるのかをモニターすることで、ゲーム中の移動速度やダッシュの回数などの情報を得ることができます。サッカーやラグビーなど屋外競技での活用が進んでいますが、本学では、バスケットボールやフットサルなど屋内競技にも活用できるシステムを設置し、授業や部活動での活用を進めています。