グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  「第7回産業振興フェアinいわた」 に参加・出展 & 学生の就職 情報収集支援

 

「第7回産業振興フェアinいわた」 に参加・出展 & 学生の就職 情報収集支援


 9月29日(金)、30日(土)の両日、磐田市のアミューズ豊田を会場とした磐田市と磐田商工会議所、磐田商工会が主催する「第7回産業振興フェアinいわた」に経営学部が参加し、ブース展示を実施しました。本イベントには本学を含む教育機関の他、ものづくり地域を反映した製造業を中心とする企業など、合計で昨年を上回る180社が出展し、それぞれが独自の技術や製品を紹介しました。

 この産業振興フェアは、磐田地域産業の活性化を意図して、工業から商業、農業に至る磐田地域の有する産業シーズをより高度化し、それを市場ニーズへと繋げていくことの「場」の提供です。今年も農工連携をテーマとした説明コーナーが、サブアリーナにて展示されました。また、メインアリーナでは、昨年に引き続き浜松市に本社のある音響機器企業の河合楽器が出展・展示し、その他に従来から参加のスズキや浜松ホトニクス、さらには長野県駒ヶ根商工会議所や御殿場市商工会などの展示も加わり、とても賑わいのあるイベントとなりました。

 初日の29日は、西部地域輸送機器産業の将来展望をテーマとしたパネルディスカッションや、次世代農業セミナー、IoTセミナーなど将来を見据えた情報の提供や、主に企業関係者間での情報交換と商談が行われました。
2日目最終日の30日は学生向けオリエンテーションや学生と企業の座談会、あるいは学生がグループに分かれて参加企業のブースを訪問するツアーが開催され、学生が企業や就職関連の情報を知る良い機会となり、参加した本学の学生達も学生支援に駆けつけた大学キャリア支援課スタッフの指導の下で、積極的に会場内を回り情報を収集していました。

 本学は、この産業振興フェアの第1回から参加しており、本イベントへの参加を通して地域産業の活性化に貢献するとともに、本イベントが本学を地域の皆様に知っていただくとても良い機会となっています。
 最後に、2日間にわたり本学のブース運営にご協力を戴いた経営学部・熊王ゼミナールの学生のみなさんに、心から感謝いたします。