グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  救命救急、防災・減災対策について学ぶ

 

救命救急、防災・減災対策について学ぶ


 まちづくり論Ⅲ(竹森特任教授)では、平成30年5月25日、6月1日の2週にわたって救命救急、防災・減災対策について学びました。
救命救急では、磐田市消防本部の職員の指導により、けがや病気の悪化を防ぐ応急手当と救命措置の基礎を学び、受講した学生には普通救命救急の認定証が交付されました。
 防災・減災対策では、自治会役員や市の職員と協働して、近年頻繁に発生している風水害や地震への備えを学び、避難所運営ゲーム(HUG)を行いました。