グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【経営学部】熊王ゼミが産学官連携事業として新たな玩具開発に着手しました

 

【経営学部】熊王ゼミが産学官連携事業として新たな玩具開発に着手しました


 平成29年7月18日(火)、本学経営学部2号館2階2205教室で開催された専門ゼミナール(熊王)にて、本学熊王ゼミナールの学生13名が、産学官連携事業として新たな玩具の開発に着手しました。

 磐田市産業政策課からの依頼で始めたこのプロジェクトでは、カード式の玩具を、企業と共同開発しています。この試作開発品を販売するのは、磐田市二之宮の写真専門店パレットプラザ様です。

 新商品の玩具を手に取った学生たちは、3C分析に基づき、利用価値や改善点などについてグループ毎に意見をまとめ発表しました。

 次回は、8月1日(火)に、新商品のSWOT分析により、『強み』『弱み』『機会』『脅威』について更に掘り下げて考察していく予定です。