グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】企業講話・パネルディスカッション(経営者編)

 

【情報学部】企業講話・パネルディスカッション(経営者編)


社長経営者パネラーの皆様

7月9日(月)情報学部において、2年生全員を対象に企業講話パネルディスカッション(経営者編)を開催しました。

3名の社長・経営者をパネラーとしてお招きし、最初にそれぞれ3社様の自己紹介・会社概要についての説明をしていただきました。
続いて、事前に学生から募った質問から多かったものに回答していただく形式で、
前半は全体でのパネルディスカッションを実施しました。

・今のご自身を作り上げた原動力は何ですか。社長・経営者になるために何をしてきましたか。

・社員と仕事をするうえで、一番気をつけていることは何ですか。

・最も苦労したこと、困難なことは何ですか。またそれをどう乗り越えましたか。

・経営者の視点からどのような人材を採用したいですか。

・経営者における仕事のやりがいとは何ですか。  等


この後、3グループに分かれ、1社様ごと個別でのフリーディスカッションを実施しました。

学生の感想としては

「経営という知らなかった世界を知ることができた。」

「仕事・組織運営と、全てにおいてコミュニケーション力が大切だと思った。」

「Webや本では味わえない生の経営者の話が聞けてよかった。」



最後に企業様方からメッセージをいただきました。

「人生は上手くいくことばかりではない。失敗をバネにして乗り越えていってください。」

「習慣は才能を超える。生きていく上で節目節目というものがあるが、学生の内から決める、決断するということを習慣づけてください。」

「若い時にこそ苦労をしてください。簡単なこと、難しいことがあれば難しい方を選択してください。」

「追い詰められた時に本当の力が出て、伸びていきます。気づいていなかった自分の力を知ること,本当の自分が見つけられます。」

学生にとって、企業の社長・経営者の方と交流を深めることができ、大変貴重な機会となりました。