グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】インターンシップ事前研修と出発式を行いました。

 

【情報学部】インターンシップ事前研修と出発式を行いました。


事前研修1 マナーについて         ペアで電話応対練習

事前研修2 プレゼン方法について

出発式

情報学部では7月9日(月)、23日(月)にインターンシップ参加学生80名を対象にインターンシップ事前研修1(マナー編)、2(報告発表編)を行いました。

【マナー編】では本年度は企業様への電話のかけ方について重点的に行いました。情報学部のインターンシップ行事の中で、研修企業を決定した学生は先方にご挨拶の電話をおかけして、事前訪問での顔合わせを行うこととしています。毎年、電話をする場面になると、「電話のかけ方がわからない」と相談を受けます。普段より、個人のスマートホンでの友人とのやり取りが多い学生にとって、初対面の方への電話はとても不安です。研修ではペアを組み、敬語の使い方や活舌に注意し、電話応対の練習を行いました。また、顔の見えない相手との会話は発声やトーンも重要であることを学びました。

【報告発表編】では報告書作成についての注意事項を確認し、11月に予定されている報告発表について【誰に何を伝えたいか】【聞き手に興味関心を示してもらうためにはどんなプレゼン方法がよいか】をしっかり考えてスライドを作成することを学びました。しかし、スライドの構成だけでなく、重要なのは発表の際のトークであると先生から念を押されました。当日は、出発式も行い、堀川学部長、谷口就職委員長、就職委員の先生方にご出席いただきました。●時間を守る(遅刻は絶対にしない)こと、●明るい挨拶をすること、●相手(企業様のお客様)のことを考え行動することを心がけ、働く中で人間性を高めることができる『仕事』というものをポジティブに考えようと激励を受けました。


学生受入に際し、許可をいただきました企業様へ感謝を忘れることなく、多くのことを経験し、大きく成長して戻ってきてくれることを期待して送り出しました。
企業の皆様よろしくお願いいたします。