グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【いわた総合スポーツクラブ】磐田ボニータ 2017プレナスチャレンジリーグ優勝!

 

【いわた総合スポーツクラブ】磐田ボニータ 2017プレナスチャレンジリーグ優勝!


静岡産業大学磐田ボニータとして参戦している日本女子サッカーリーグ「2017プレナスチャレンジリーグ」において、レギュラーシーズンを6勝5分4負(西地区2位)、プレーオフ順位決定戦を3戦全勝で初優勝を飾るとともに、来シーズンの「プレナスなでしこリーグ(2部)」への昇格を確実にしました。
以下は、監督ならびに選手のコメントです。


【監督・選手 コメント】
村松大介 監督
 日々精進してきた選手たちの背中に、ご支援、ご声援をいただいた皆様の力が大きな後押しとなり、2017プレナスチ
ャレンジリーグを優勝という形で終えることができましこと、皆様に感謝申し上げます。
 非常に苦しかったレギュラーシーズンを乗り越え、優勝を掴み取った経験を皆さんと共有できたこと。大きな宝物となりました。私たちには大きな目標を達成したと同時に、新たなスタートラインが待っています。応援して下さる皆様のプライドとなり、多くの感動を与えていけるチームを目指していきますので、今後とも静岡産業大学磐田ボニータをよろしくお願いいたします。


平野麻美 キャプテン(大学OG、ジェイプラッカ所属、FW)
 いつも暖かいご支援ご声援ありがとうございます。
 この度、私たち静岡産業大学磐田ボニータは2017プレナスチャレンジリーグで優勝することができました。これも大学関係者の方々をはじめ、地域の皆さんの応援のおかげです。勝てない時も、うまくいかない時も、私たちを家族同然に励まし、応援してくれた方々に心から感謝しています。そしてBonitaらしく、いつも明るく元気で笑顔がかわいいチームのみんな、私たちを厳しくも優しく?指導してくれたスタッフ陣にも感謝します。
 これからも磐田ボニータの活動を通して地域貢献、大学の発展に寄与していけるよう努力していきますので、引き続き、応援よろしくお願いいたします。


城下千夏 選手(本学4年、DF)
 今シーズンはなかなか勝てない時期が続き、一時は最下位になってしまいました。そんな苦しい中、6月18日にヤマハスタジアムで行われたホーム戦で1,000人以上の応援してくださる方々の声援を力に、JFAアカデミー福島に対して2対1で勝利することができました。この試合がきっかけとなり西地区2位でプレーオフ進出を決め、そのプレーオフを全勝し、チャレンジリーグで優勝することができ、心の底からとても嬉しくて生まれて初めて嬉し涙を流しました。このような経験ができたのは、いつもどんな時でも私達を応援して下さっていた方々、私達を信じて指導して下さった監督、コーチ、そして辛い時でも同じ方向を向いて戦ってきた仲間がいたからだと思います。本当にありがとうございました。
 最後になりますが、これからも、感謝の気持ちを忘れず、現状に満足することなくチーム一丸となって戦っていきますので、これからも静岡産業大学磐田ボニータをよろしくお願いします。


※磐田ボニータとは。
昨年、静岡産業大学が中心となって設立した総合型地域スポーツクラブ「いわた総合スポーツクラブ」の核となるクラブの一つで、静岡産業大学サッカー部女子の学生を中心に、社会人(大学OG)、地域の中高生も所属している地域密着型クラブです。
「Bonita」とは、ポルトガル語で「かわいい人」という意味。