グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】学内インターンシップを行いました。

 

【情報学部】学内インターンシップを行いました。


第1回目 企業の説明を受ける

第2回目 消火器・消火栓の安全な使い方を学ぶ。

学内の照明器具等、設備について学ぶ。

水質検査(塩素濃度)について学ぶ

情報学部では、昨年に引き続き、キャリア教育の実践の場として学内インターンシップを行いました。学内のビルメンテナンスを行なっている株式会社ピーオーテクノサービス社に本年もご協力いただき、4名の学生が取り組みました。
今回のインターンシップは7月の5日間で合計5コマのスケジュールを組み、清掃やメンテナンスに関する業務の講義を受けた後、仕事の実践という形式で行ないました。 大学で快適な毎日を過ごせるのも、ビルメンテナンスの仕事として環境衛生、設備管理、建物・設備保全、保安業務を行う方々の存在があればこそという点を知ることができました。そして、講義室の清掃作業をする場面では様々なプロの視点と優しい心配りで仕事をされている姿に触れ、学生達は驚きとともに大学内がいつも綺麗に保たれていることに改めて感謝の気持ちを持ったようです。
参加学生からは、「社会に出て大切なのは人間関係能力だけでなく、業務遂行能力、問題解決能力も大変重要であるとわかり、これから力をつけていかなければならないと強く思った。」と気づきのコメントがありました。
ピーオーテクノサービス様にご指導いただき、大切な働く姿勢を学ぶことができた5日間となりました。

大汗をかきながら1階中央ゴミ置き場でゴミ分別。

講義室の掃除は想像以上に時間がかかりとても大変な仕事です。

最終回では一人ずつ業務改善提案を発表。