グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【経営学部】専門ゼミナール活動(葉口先生)で「ゼミ学生等地域貢献推進事業」で静岡県赤十字血液センター浜松事業所を訪問しました

 

【経営学部】専門ゼミナール活動(葉口先生)で「ゼミ学生等地域貢献推進事業」で静岡県赤十字血液センター浜松事業所を訪問しました


経営学部葉口ゼミナールでは、平成29年度、公益社団法人ふじのくに地域・大学コンソーシアム『ゼミ学生地域貢献推進事業助成』において、静岡県指定課題「静岡県内の若者に献血を普及させるための方策に関する研究」がプロジェクトとして採択されました。

『ゼミ学生地域貢献推進事業』とは、静岡県内大学と地域の連携を促進し、大学の学術研究の向上及び地域貢献の推進を図ることを目的とした研究事業です。学生らが地域の課題に対し、地域と一体となって、解決方策の提言や課題解決のための実践的な研究として取組みます。

葉口ゼミナールでは、11月7日、研究プロジェクトの協力機関である静岡県赤十字血液センター浜松事業所を訪ねました。献血に関するセミナーに加え、献血活動の現状他、学生が事前にお伝えしていた質問への返答等、事業課のご担当者が長時間時間を割いてくださり、丁寧なご対応をしていただきました。

学生にとって初めての協力機関への訪問となり、緊張した様子で臨んだものの、とても親切にわかりやすく説明してくださいました。さらに、「献血」に対する基本的理解を深めると同時に、献血活動の現況やこれまでの施策も含め、貴重なお話をいただき、大変勉強になりました。今回のミーティングと頂いた多くの資料を参考に、今後の研究・調査に繋げていきたいと考えています。

本学では、ゼミ活動を中心とするアクティブラーニングを通じて、学生の主体的な学びを推進すると同時に、地域のさまざまな団体や行政機関とも連携した地域貢献への取り組みを積極的に行っています。