グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【BiViキャン】公開講座第10回「こどものスポーツ~保護者の関わり方~」を開催しました

 

【BiViキャン】公開講座第10回「こどものスポーツ~保護者の関わり方~」を開催しました


10月23日(火) 【BiViキャン】公開講座第10回は 静岡産業大学経営学部 山田 悟史准教授を講師にお迎えして「こどものスポーツ~保護者の関わり方~」講演を開催しました。
 こどものスポーツにおいて、コーチにはコーチの、親には親の関わり方が
あります。
保護者がどのように関われば良いかについて、講師の水泳選手時代やコーチ経験を踏まえ、分かり易く語りました。
 当日は、公開講座に関心を寄せていただいている市民の方々、団体、県や藤枝市の職員の方など19名の方が参加し、熱心に耳を傾けました。
以下は講演要旨です。
・誰のためのスポーツか?あくまでも子が主体であり、親はスポーツを
 したい子に協力し、コーチは教えて欲しい子に指導する。
・どれだけ練習したかではなく、どういう練習をしたかが子供の自信になる。
・スポーツへの取組み方は人それぞれであり、親は自分のやり方を
 強要しない。
・スポーツで、勝ち負けを繰り返しながら、チャレンジすることを覚える。
・親も子も完璧でなくて良い。遊び心や余裕を持つことが大事であり、オンと
 オフが必要。
・親は子が上手にできた時は、何故良かったのかを考えさせ悪い時は
 叱らない。
・礼儀や礼節は生活の中で身につけるものであり、スポーツの中で求める
 ものでは無い。

 参加者からは次の言葉が寄せられました。
・指導者やコーチより、親のあり方が一番大事だと伝わりました。
・スポーツは楽しいこと、全てポジティブに考え、声掛けをする大切さを
 実感しました。
・スポーツだけでなく、生活全てに関わる話だと思いました。
・企業経営支援にも通ずることが多かった。

 次回公開講座は 10月30日水曜日 14:00~15:30 「経営者のための論語塾」
講師:(一社)ふじのくにづくり支援センター理事長 矢野弘典氏による講演です。
企業家・経営者でなくても誰でも大歓迎。ご興味のある方このHP 「10・11
月BIViキャン公開講座案内」 申込専用フォームからお申込ください。