グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【BiViキャン】公開講座第3回「実例から学ぶ事業承継の留意点」開催されました

 

【BiViキャン】公開講座第3回「実例から学ぶ事業承継の留意点」開催されました


 本学と藤枝市産学官連携推進協議会共催で先ごろスタートした【BiViキャン】公開講座は7月17日(火)初めてのビジネス講座「実例から学ぶ事業承継の留意点」開催いたしました。
講師に静岡県事業引継ぎ支援センター統括責任者 清水 至亮氏を迎え、参加者18名
対象は中小企業の経営者の参加を願っていましたが、今回の参加者層は日常営業活動のシーンで相談受けることの多い金融関係社員が主となりました。

実例豊富な
事業承継の留意点講座

講演の要旨は下記のとおりでした
事業引継ぎ支援センターとは経産省が運営する事業引継支援・M&A事業の支援拠点で東京・大阪・名古屋ほか47都道府県に設置されている。
県下の景況は上向いているものの、中小企業で60歳以上の経営者のうち、半数以上が廃業を予定しており、地域として、事業承継への相談対策が急がれている。
静岡県事業引継ぎ支援センターでは、どのような事案でも、一緒に考え、最良と思われるアドバイスを送っている。
事業承継のポイント ①経営の承継、②財産の承継、③意思の承継 である。
実例として、様々な失敗や成功の具体例を、見やすい資料をもとに説明、わかりやすく納得性の高い講演でした。アンケートでは下記の意見が寄せられました。
・資料が箇条書きで見やすかった。
・具体的な事例を入れながらのお話しで、内容を理解し易かった。
・事業承継の重要性を再認識することができた。
・90分間集中して聴ける内容だった。
・お話しを伺い、事業承継の確認をすべき事業所のリスト先が増加した。

 事務局では今後このようなビジネス案件を、特定しない企業・団体等の社員が気軽に参加、学習できる講座や勉強会を開講していきたいと企画しております。

講師 静岡県事業引継ぎ支援センター
統括責任者 清水 至亮氏