グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】夏期集中講義『比較文化』について

 

【情報学部】夏期集中講義『比較文化』について


 情報学部藤枝キャンパスでは、8月1日-4日までの四日間、『比較文化』の集中講義が行われており、現在多くの学生、留学生が受講しています。

 講師は中国国家重点大学の厦門(アモイ)大学国際学院・海外教育学院教授で、「比較文化学」「応用言語学」を専門とされる陳端端先生です。

 この集中講義は平成19年度から毎年行われており、今回11度目の開講となります。

 講義では、日中両国の民族性、衣食住、言語、教育制度そして社会制度をテーマに取り上げ、学生たちは比較対照しながら両国文化の類似点と相違点について学んでいます。