グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  トピックス >  【情報学部】留学生が「ゆかた」着付けを体験しました

 

【情報学部】留学生が「ゆかた」着付けを体験しました


7月6日(木)、情報学部にて第38回テランガ講座「ゆかた着付け」(企画者:内田聡子様)が行われ、留学生8名が参加しました。

戸塚先生をはじめとする4名の着付けの先生にきれいにゆかたを着付けていただくと、早速写真撮影会が始まりました。自分のゆかた姿と一緒に参加した留学生のゆかた姿を比べあい、また、企画者の内田様や着付けていただいた先生と写真に納まるなど、思い思いに過ごしていました。

参加者全員の着付けが終わると中庭に移動し、ここでも記念撮影を行いました。通りかかった学生や教職員とも一緒に写真を撮り、楽しい時間を過ごしました。

参加した学生からは「ゆかたを着て花火大会に行きたいです。」「国の友達に自慢します。」「ゆかたを着るのは初めてでしたが、格好良く着付けていただき感謝します。」との感想が寄せられました。