グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  研究・地域連携 >  社会連携・地域貢献 >  SHIZU産プロジェクト

 

SHIZU産プロジェクト


SIZU産プロジェクトとは?

学生が主役!静岡県の資源を存分に使って、アイデアを実現するプロジェクト!

SHIZU産プロジェクトの3つの特徴

大学周辺地域の企業や団体、行政機関などと連携した実践的な学びができるプロジェクトです。学びのフィールドはキャンパス内だけにとどまりません。地域へ、企業へと飛び出し、リアルな現場を肌で感じながら、地域を元気にする様々な活動や課題の解決に取り組みます。地域と積極的に関わり、皆でアイデアを出し合い、その実現に向けて果敢に挑んでいくからこそ、やりがいを感じる、将来に役立つ力が身に付く、自分自身の成長が実感できる、静岡産業大学ならではの学習スタイルです。

キッズスクールプロジェクト

キッズスクールってどうやるの?(経験・体感)
スポーツ保育を学びながら、オリジナル「キッズスクールプラン」を制作し実践。初めはアシスタントとして先輩から学ぶ。まずは子どもと同じ目線で「やってみる」。

子どもの指導は思ったより、難しい(経験から具体化へ)
2年生からは少しずつメインで指導を実施。子どもが小さいほど指導は難しく、指導者が一番楽しむ事がどれだけ大切かを学ぶ。反省会ではメイン担当にアドバイスを送り次のスクールに活かしていく。メインにもアシスタントにもみんなでアドバイスを送りあいます。

経験から少し先の自分を発見(経験から未来へ)
子どもがより好きになったり、指導することにやりがいを感じたり、経営することに興味がわいたりと、3・4年生になり方向性を見出していく。キッズスクールの経験を、就職という次のステップへつなげている学生も多い。

SSU×じゃらん共同企画「川根本町オリジナル旅プランニング」プロジェクト

事前準備
企画・旅行プランの作り方を学びます。現地の魅力を事前調査、実際に住む若者にアンケートを実施し、フィールドワークに向けた体験プランをピックアップした。

4泊5日フィールドワーク
地元の方に現地の課題や魅力をインタビュー。川根本町にある観光資源を自分たちも体験することで、若者に魅力を感じるたびプランを検討した。中間発表では厳しいフィードバックをいただき、徹底したグループワークを行い寝る間を惜しんでプランを磨き上げた。

町長や観光協会会長に向けプランの発表
磨き上げたプランの発表会用の資料を作成。調査にご協力いただいた地元の方々の前でプレゼンテーション。学生視点の新しいプランが多く、参加者から驚きの声が上がった。また、後日行われた事後研修では、参加学生がそれぞれ達成感と自分自身への課題などを言葉にしていた。

オリジナルフリーペーパー「ラ☆ガール」制作プロジェクト

コンセプト作成とページ構成の立案
女性の目線を冊子に落とし込むため、「イケメン」「筋肉」「わかりやすいルール」などのキーワードを決定。取材対象や内容・コンテンツを決め、冊子の構成を立案した。

トップリーグ選手への取材
インタビュー内容を決定し、トップリーグ所属「ヤマハ発動機ジュビロ」や東海大学付属翔洋高校ラグビー部女子に取材。地元おすすめ店にもアポイントメントを取り取材を実施。原稿の作成、撮影した写真の選定を行い、デザインを作成した。

入稿・校正から冊子完成へ
文章の誤りはもちろん、店名、電話番号などの校正(誤りがないかの確認)を丁寧に行い、ラグビー人気につながる冊子「ラ☆ガール」が完成!