ニュース

静岡産業大学トップ > ニュース > 第5回ラーニングメソッド研究会・ベストティーチャー賞

ニュース

2016/01/28

第5回ラーニングメソッド研究会・ベストティーチャー賞

    Yahoo!ブックマークに登録   Check     

1月27日情報学部にて「第5回ラーニングメソッド研究会」が開催されました。

本学では、学生にわかりやすく、やる気にさせ、学生自らが主体的に学ぶ授業を目標とし、
ラーニングメソッドの開発を行っています。
今回のラーニングメソッド研究会では、「アクティブ・ラーニングの実践とこれから」をテーマに、
サレジオ工業高等専門学校の森教授を講師としてお招きするとともに、両学部の代表的な
アクティブ・ラーニングの実践例を3名の先生が発表しました。

「創造性を育成するためのアクティブラーニングの取組 〜VEを用いた革新的な解の創出法の教授」
サレジオ工業高等専門学校副校長(教育担当)・教授 森 幸男 

「アクティブラーニング」−理解と実践  −産大生の学びと探求、そして実社会へ−
経営学部教授 森戸幸次

「アクティブラーニングを目指した授業実践と課題」
情報学部教授 橋 等

「反転授業を導入したアクティブラーニングの実践
情報学部講師 永田奈央美

発表終了後、ベストティーチャー賞の授賞式も行われ、以下の2名が受賞しました。
◇経営学部 講師  山田悟史
◇情報学部 講師  土居繭子 

P1050565.JPG