グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ニュース >  藤枝ICTコンソーシアムの会長に鷲崎学長が就任

 

藤枝ICTコンソーシアムの会長に鷲崎学長が就任


 藤枝市を中心に県内外の産官学金の連携事業「藤枝ICTコンソーシアム」の設立総会が、3月30日(木)に藤枝市内で開催され、会長に本学の鷲崎早雄学長が就任されました。
 このコンソーシアムは、ICTを活用した地域産業の成長支援やICTにおける人材育成、働き方改革、まちづくりの推進を図ることを目的に、藤枝市の支援を受け設立されたものです。
 発足時の会員は、静岡産業大学、静岡大学、ソフトバンクや静岡銀行、静岡県、藤枝市などの67の企業・団体が加わっています。
 設立総会は、市長をはじめ藤枝市、静岡県、総務省、経済産業省等の関係者も参加し、盛大に行われました。その席で、本学の鷲崎学長の会長就任、本学の総合研究所が運営事務局となることが承認されました。
 鷲崎学長は、会長の挨拶で、「ICTの効果的な活用による地域経済の発展、地域の皆様の豊かな暮らしの実現に全力を尽くす」と述べられました。
 今後、この取組による地域のICTによる活性化事業に、本学が主要な役割を果たすこととなります。