グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  一人一講 >  永山 庸男(マーケティング論)

 

永山 庸男(マーケティング論)


市場と対話:競争戦略

マーケティングは企業行動の中核の一つを形成しています。経営戦略のなかでも競争という側面を市場という企業が置かれた「場」=フィールドと直面して実践される経営行動です。それは,市場と企業との対話という位置づけです。その対話の手段が,製品やサービス,広告やコミュニケーションという様々な形で行われます。

皆さんが手放すことができないスマートフォンはその対話の窓口の一つです。その窓口から送られる情報や受け取る情報が,企業と皆さん(顧客,消費者)との対話となって,身近にある製品やサービスが登場していきます。

皆さんの今までの教育は,競争を排除することが基本に据えられてきました。その一方で,世界は地球規模で,国と国との競争,企業と企業との競争が熾烈を極めてきました。企業という生き物が存続・成長していくには,厳しい競争にさらされ,そのバトルに常に参加し続けることが不可欠です。マーケティング活動はその最前線を担う企業活動です。そのことを学ぶことは,大学生としての必須不可欠な武装です。それは,スマートフォンやPC,タブレットの中のゲームとは異なる実践上の知識と知恵へのベースとなります。

授業科目名 年次配当 担当
マーケティング論 2年次生以上 教授 永山 庸男