グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  一人一講 >  後藤 隆浩(専門ゼミナールA・B)

 

後藤 隆浩(専門ゼミナールA・B)


日本近代小説研究

ゼミナール「日本近代小説研究」におきましては、日本の近代小説を精読することにより、日本語の特質、日本近代の文化と歴史についてくわしく学習していきます。

文学作品とは、言語によって構築された芸術作品であります。小説のテキストをきちんと精読することが、最も重要な基礎作業となります。国語辞典を徹底的に活用しながら、一語一語、一行一行テキストの細部に密着して、言語の機能、言語表現のメカニズムを確認していきましょう。日本語は、どのような特質を有する言語であるのかということについて考察していきます。日本語の構造と変化の諸相が見えてくると思います。

さらに事典類を活用して、小説のテキストに書き込まれている物や事に関して、くわしく調べて確認していく必要があるでしょう。日本近代における様々な文化的要素、生活様式や社会制度などについて具体的に学んでいきます。このような作業を積み重ねていくことにより、小説のテキストを深く分析的に読解する力が養成されてくるものと思われます。

日本近代小説のテキストにおける〈言語〉〈文化〉〈歴史〉といった要素に関する理解と認識を深めて、総合的視野から小説を読解することのできる実力の養成を目標とします。現代日本社会の土台としての近代日本社会の構造について考えていきましょう。
授業科目名 年次配当 担当
専門ゼミナールA・B 3年生 准教授 後藤 隆浩