グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  一人一講 >  浅羽 浩(教職実践演習)

 

浅羽 浩(教職実践演習)


教職課程仕上げの学修

この授業は、教師を目指す学生を対象とした演習形式の授業です。教職課程を履修する学生たちは、一年生の時から「教科(保健体育・商業・公民)」に関する科目や「教職(教育方法・技術、教育課程、教育心理学等)」に関する科目を系統的に学んだ後、四年生の前期には、中学校や高校で「教育実習」を経験します。

「教職実践演習」は、「教育実習」を終えた学生たちが4年生後期に受講する、教職課程のいわば仕上げとして学修する科目です。学生たちは「教育実習」をとおして、教師として教壇に立つために磨かなければならない自分の課題を発見します。例えば、「保健の授業に能動的に取り組ませるためには、どのような工夫をしたらよいか」「板書を上手に整理するためには何に気をつけたらよいか」等です。こうした課題を踏まえて学生一人一人が課題研究を行い、学生全員の前で発表(プレゼンテーション)を行います。

また、この授業では、教職に就くために必要な実践的指導力を養成するため、互いに心を動かされた本を紹介しあうビブリオ・バトルを行ったり、卒業生の現職教員から、学校現場での最新の取組についてお話を伺います。

ビブリオバトルを行う学生たち

授業科目名 年次配当 担当
教職実践演習 4年生 教授 浅羽 浩