グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学案内 >  学長メッセージ

 

学長メッセージ


静岡産業大学 学長 鷲崎 早雄

日本はこれまでに、自動車やエレクトロニクスといった産業により、先進国として成長を続けてきました。しかし今の日本は、産業をより活性化させたり、その産業で活躍する人材を育成するための、新しい産業社会を創生する課題が山積みになっています。だからこそ私は、静岡産業大学で学ぶ「ビジネス教育」の重要性を皆さんに知ってほしいのです。「ビジネス教育」では根底となる原理を学びとることを通じて、グローバルに活躍できる人材を教育することを目標にしています。また同時に地域に目を向けながら、地域企業や行政の期待に応えることで、地域の活性化に貢献する人材を育成する目標をもっています。「ビジネス教育」は社会の現場を学びのフィールドとする「実学」ですが、他の大学で行われているものとは少し違います。静岡産業大学の大化け教育では、人間の活動において根本的に必要となるコミュニケーション力を重点的に鍛えながら、知識や偏差値では計れない、「自分自身の価値」に気づいていただきます。そこから生まれた向上心やチャレンジ精神を後押しできるよう、「アクティブ人材教育」に惜しみないサポートを続けることが私たちの使命です。私はこの静岡の地を、静岡産業大学を、この上なく素晴らしい場所だと心から思っています。皆さんにとっても自慢に思える大学にできるよう、これからも価値のある学びを実践していきます。
静岡産業大学 学長
鷲崎 早雄 

略歴

1968年、東京大学工学部卒業と同時に、富士製鉄(現新日鉄住金)入社。製鉄所生産管理部、本社にて、経営計画システムの企画開発に従事。1989年4月にビジネス・システムコンサルティング会社を設立しコンサルティング活動に従事。2002年4月に静岡産業大学経営学部教授となり、2016年4月より静岡産業大学学長に就任。学術博士(東京大学)。