グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  在学生の方へ >  諸手続について >  授業料などの振込み

 

授業料などの振込み



学費

納入金額

2015年度以降入学生の授業料等の金額は次のとおりです。
区分 一般学生 留学生
前期納入金 授業料 366,500円 311,525円
施設設備費 150,000円 150,000円
516,500円 461,525円
後期納入金 授業料 366,500円 311,525円
施設設備費 150,000円 150,000円
516,500円 461,525円
合計 1,033,000円 923,050円
※前期納付時に、後援会費(日本人学生15,000円・留学生10,000円)及び学友会費(2,000円)も併せて納付していただきます。

納入期限

納入期限は次のとおりです。
前期 4月30日
後期 10月31日

納入方法

本学指定の振込用紙を使用して、期限までに取扱金融機関で手続を行ってください。

授業料等の分割について

経済的事由により、授業料の一括納入が困難と認められる学生については、分割納入が可能です。
早めに手続きを行ってください。
詳しくは総務課窓口で相談してください。
なお、無届けのまま納入せず、納入の督促にも応じない学生は、除籍の対象となりますので、注意してください。

休学期間中の納入金について

休学を許可され、または命ぜられた者の休学期間中の授業料等は徴収しません。
ただし、当該期間中、在籍料として月額10,000円を納付しなければなりません。
詳しくは総務課へ問い合わせてください。
※学費について、詳しくは学生便覧を参照してください。

授業料の振込みについて

授業料などを金融機関で振り込む際には、本人確認書類をご用意ください!
(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)

  • 平成19年1月4日から、本人確認手続きに関する法令の改正(※1)により、金融機関において10万円を超える現金(※2)の振込みを行う場合には、本人確認書類の提示が必要となります。
    (ATMでは、10万円を超える現金の振込みができません)

  • 10万円を超える授業料などの現金振込みの際には、指定の振込み用紙とともに、振込み手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)をご用意のうえ、金融機関の窓口をご利用ください。
※1 この改正は、マネーロンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて行われたものです。
※2 現金でなく預貯金口座を通じて振り込みを行う場合は、ATM・窓口のいずれにおいても、これまでと同様の手順・方法で振込むことができます。(口座開設の際に本人確認の手続が済んでいない場合には、窓口で本人確認書類の提示が必要となることがあります。)
  • 本人確認書類の提示がない場合には、金融機関では、10万円を超える現金による授業料などの振込みができません。
  • 保護者の方などが、振込名義人(在学生)に代わって振込みの手続を行う場合には、金融機関では、振込みの目的(授業料などであること)をお尋ねすることがあります。
  • 詳しくは、振込みを依頼する金融機関にお問い合わせください。