グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  特任講師 藪崎 栄/Sakae Yabusaki

 

特任講師 藪崎 栄/Sakae Yabusaki


最終卒業(修了)
大学・大学院
青山学院大学経済学部卒業
学位 経済学士(1974年3月)青山学院大学
主な職歴 1974年4月
青山学院大学勤務
(情報科学研究センターにて大型コンピュータ・WS・PCの運用管理と学内各種コンピュータ講座を担当)
1992年3月
青山学院大学情報科学研究センター係長 退職 (18年間勤務)
1992年4月
静岡精華短期大学商学科勤務(新設開学と同時)
(専任講師・助教授・マルチメディアセンター長を歴任)
2004年4月
静岡福祉大学(校名変更)短期大学部介護福祉学科助教授
2009年3月
静岡福祉大学准教授 退職 (17年間勤務)
2010年4月
静岡産業大学経営学部・情報学部非常勤講師
2016年4月
静岡産業大学経営学部特任教員
現在に至る
専門分野 情報ネットワーク 情報教育
研究テーマ 大学での情報メディアセンターの在り方 シニア向けのPC教育方法
担当科目 経営学部 (情報基礎演習A・B ゼミナールA・B IT系資格講座)
情報学部 (ネットワーク技術 データベース技術 IT系資格講座)
所属学会 日本産業経済学会 経営情報学会
社会的活動 平成13年から17年焼津市IT推進本部にて、全国一斉に開催された「IT講習会」の企画立案から講師役まですべてに関わった。また同時期旧岡部町教育委員会主催の「IT講習会」の開催も携さわった。その後、中高年者を中心としたPC指導を地元の小中学校や公民館にてボランティアとしての活動にも力を注いだ。また大学での公開講座等も毎年開催している。
教育・研究内容 大学での授業では、コンセントレーション(集中力)を発揮して、自分で出来るだけで満足する のではなく、人に正しく教えることが出来るまでの技能と知識を身に付けて欲しいと思います。 また、年々進化していくPCを中心としたICT機器を、いかに簡単に使いこなすかについての指導 方法を常に研究しています。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 『データで知る流通の科学』 (共著) 2000年12月 成山堂書店
学術論文 情報化社会におけるパソコン通信の効率的利用法 1990年12月 青山学院大学情報科学研究センター発行
青山コンピュータサイエンス
vol.18 No.2
PCのハードディスク利用に関する一考察 1993年3月 静岡精華短期大学発行
静岡精華短期大学紀要第1号
商学教育の電算機利用 1995年3月 静岡精華短期大学 静岡商学研究会
ビジネス・データ分析の活用と展開 1999年10月 経営情報学会
ビジネス・データ分析研究会
在宅介護における情報化の課題 2000年1月 静岡精華短期大学発行 静岡精華短期大学紀要第9号
「IT講習会」の取り組み 2002年3月 静岡精華短期大学発行 静岡精華短期大学紀要第10号
韓国のIT革命 2003年2月 静岡精華短期大学発行 静岡精華短期大学紀要第11号
中高年者におけるPC教育の取り組み
ー藤枝市岡部町の場合ー
2009年1月 静岡福祉大学発行
静岡福祉大学紀要第5号
留学生のための日本語教育とPC教育についての一考察 2011年6月 静岡産業大学経営研究所発行
「環境と経営」第17巻第1号
その他 ホスト離れの進行とセンターの役割 1990年10月 財団法人私情協主催
電算機センター研修会
電子媒体を利用したデータ分析 1998年11月 経営情報学会 全国大会
介護技術Ⅰの実技チェックにおける成果と学生個々のフィードバック 2003年7月 日本介護福祉教育学会 全国大会
公開講座・コンピュータ講座・就職対策講座・IT講習会・学外インターネット講演 等  多数
教育用コンピュータシステム構築および学内LAN整備