グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  客員教授 鈴木 善彦/Yoshihiko Suzuki

 

客員教授 鈴木 善彦/Yoshihiko Suzuki


最終卒業(修了)
大学・大学院
早稲田大学大学院経済学研究科社会政策学専攻修了
学位 経済学修士(1944年3月)
主な職歴 1996年4月 県立磐田西高校長
1998年4月 県立中央図書館長
2002年4月 県教育長
2008年4月 学校法人静岡文化芸術大学 副理事長
2010年4月 公立大学法人 静岡文化芸術大学 総務担当理事
現      静岡文化芸術大学顧問
専門分野 中等教育(教員)、教育行政、図書館運営
研究テーマ 教員養成、「読書県しずおか」の構築、障害児教育
担当科目 「教育原理」、「教育と社会」
社会的活動 中央教育審議会臨時委員、静岡県図書館協会会長、静岡国際オペラコンクール事務総長、浜松国際ピアノコンクール実行委員会副委員長、ユース・リーダー(県日中青年交流)団長、ユニヴァーサルデザイン絵本コンクール審査委員長、島田市子ども読書活動推進委員長、全国公立学校共済組合友の会理事長、静岡新聞社自費出版大賞審査委員、駿府博物館理事、山崎自然科学教育振興会評議員、はごろも教育研究奨励会顧問、不登校生徒学習支援員、障害児との交流ボランティア 等
教育・研究内容 高等学校教員としての社会科授業やHR運営、生徒会顧問の仕事等に加え、高校野球監督としての部活動指導等、幅広く中等教育の実践に関わる。併行して、各種社会教育やボランティア活動にも参画。また、校長としての学校運営や、図書館長としての図書館運営、指導主事や教育長としての教育行政等に広く携わる。さらに、近年は大学の仕事にも関わり、大学運営全般に加え、読書活動推進、教職課程学生支援活動等に携わってきた。その間、講演や審議会活動、著述等を通して教育・研究活動にも参画し、研さんに努めた。特に、小中高等学校の教員養成や図書館経営に関する著述や講演の機会を多く得た。

研究業績

著書・学術論文等の名称 発表年月 発行所・発表学会等の名称
著書 『しずおか発 教育物語』 2011年 静新新書・静岡新聞社
『小さな海外旅行記』 1971年 (自費出版)
『青春の彷徨 -夭折の陶芸家 中野和馬-』 2013年 (自費出版)
学術論文 「政策と経営」 2006年 (新任図書館長研修講義要綱 文部科学省)
「図書館 政策と経営」 2008年 (CD資料)国立教育政策研究所
「静岡県立中央図書館の改革と資料費の確保」 2001年 (『図書館雑誌』)
「静岡県の学校図書館づくり」 2004年 (『学校図書館』)
「経済学の有効性について」 1975年 島田高校研究紀要
「規制緩和・地方分権下における教育行政の実態」 2004年 都道府県教育長協議会