グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部 >  経営学部 >  教員紹介 >  講師 住田 健/Ken Sumida

 

講師 住田 健/Ken Sumida


最終卒業(修了)
大学・大学院
オタゴ大学商学部博士課程課程修了
学位 (PhD, Marketing)
主な職歴 2006年 大阪体育大学大学院教務助手
2008年 大阪体育大学大学院研究生
2014年より高知工科大学マネジメント学部非常勤講師
2016年より静岡産業大学経営学部専任講師に就任
専門分野 スポーツマーケティング、スポーツ消費者行動研究、スポーツ社会学
研究テーマ スポーツファンのアイデンティティ形成過程について
スポーツファンの心理的所有について
スポーツ参加者のアイデンティティの変容について
スポーツ消費者の情動の測定について
担当科目 スポーツ社会学、スポーツ企業研究、地域スポーツ経営論、
スポーツ産業論、スポーツ統計学
所属学会 日本スポーツマネジメント学会、スポーツ産業学会、マクロマーケティング学会、
オーストラリア・ニュージーランドスポーツマネジメント学会
教育・研究内容 人がどのような過程を経てスポーツファンになっていくのかを、社会学、社会心理学、文化人類学の考えを応用して研究しています。日々の生活の中で、スポーツチームを応援することがファンの人生をどれだけ豊かにするのかを明らかにすることがスポーツの社会的価値を高めると思っています。
 スポーツには地域や社会をよくする、人々の幸福を高めるなどの役割が期待されています。その期待に応えるためには、スポーツそのもののを深く理解し、スポーツの価値を高めるための活動(マネジメント)をしなくてはなりません。講義やゼミナールを通して、スポーツの価値を高めることができる人材を育成することに少しでも貢献できればと思っています。